組み込みおよびエッジAIハードウェア市場、数十億米ドル規模に拡大 多種多様な業界の需要が後押し

AIは、組み込み分野を含むさまざまな環境で普及しており、独自の方法で市場機会を展開しています。組み込みおよびエッジAIハードウェアの主要な垂直市場には、産業用オートメーションおよび制御、通信およびネットワーク、自動車、航空宇宙および防衛、小売業オートメーションなどがあります。ほぼすべての業界のOEM、システムインテグレーター、業界ソリューションビルダー、サービスプロバイダーは、エッジアプリケーションのパフォーマンスを可能にするために、AI機能を自社製品に追加しようと躍起になっています。その結果、組み込みおよびエッジAIハードウェア市場は非常に細分化しており、低消費電力のMCU上で動作するワークロードから、ハードウェアアクセラレーション、ソフトウェアリソース、開発エコシステムに対する要件を持つ商用OEMサーバー上での展開までをサポートしています。

エンタープライズ/クラウド領域とは異なり、組み込み/エッジアプリケーションのAIワークロードをサポートするために、多種多様なハードウェアアクセラレータが使用されており、その種類も増加しています。その主な要因は、過去数年間の初期導入において、比較的単純なAI機能を実行するために汎用プロセッサが使用されてきたことであり、すべてのAIワークロードが最適化された専用シリコンを必要とするわけではありません。その結果、ArmやIntelなど、ほとんどの組込みハードウェアのフォームファクターに対応する半導体アーキテクチャが、AI分野で初期のリーダーシップを確立しました。NVIDIAは、データセンターでの拠点から、組み込みおよびエッジAIへの注力を拡大し、独自の勢力を築いてきました。

適切なソフトウェアのサポートがなければ、AIハードウェアは商業市場において意味を持ちません。過去10年間、市場投入までの時間を短縮による差別化を実現し、長期的なライフサイクルでのシステムサポートを可能にするために、ソフトウェア開発の重要性は高まっています。AIは、開発者ツール、AIフレームワーク/モデルのサポート、オープンソースとの統合など、従来の組込みソフトウェア開発の要件に新たな視点を加えています。組込みおよびエッジAIのハードウェアプロバイダーは、既存のコンピュータビジョンソリューションを補強するユースケースをサポートする必要があります。しかし、多種多様なデータ入力や、音声、振動、レーダー/LIDARなどが、組み込み型およびエッジ型AIシステムに供給されており、より進化したソフトウェアサポートが必要となっています。

広範な組み込みおよびエッジ領域でAIを実現し、コモディティ化するには、エコシステムが必要です。AIワークロードのサポートという点では、シリコン技術やIPプロバイダーが非常に大きな影響力を持っていますが、導入を簡素化して加速するためには、組み込みモジュール、ボード、統合システム/サーバーのサプライヤーが不可欠です。これらのサプライヤーは、サイズ、性能、熱管理、消費電力、耐久性、安全性/規格準拠、セキュリティなどの要件が厳しい業界でAIを推進するために特に重要です。また、ハードウェアプロバイダーは、アプリケーションに特化した製品やリファレンスデザイン、サービスを提供することで、AIのラストマイルのサポートや統合を継続的に拡大し、開発のギャップを埋めることが重要になります。

組込みおよびエッジAIは、新しい重要なシステムスタックであり、既存のアプリケーションサポートを拡張するとともに、新たな差別化を図ることができます。しかし、クラウドやデータセンターを超えてAIを展開するには、様々なハードウェアアクセラレータやIPの使用を強化するために、独自の設計上および展開上の課題が数多くあります。一方、ほぼすべての組織がこの重要な機能を獲得しようと努力しているため、数十億米ドル規模の組み込みおよびエッジAIハードウェア市場は、拡大し続けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]