VaaSの市場規模、2026年に62億米ドル到達予測

VaaSの市場規模は、2020年の38億米ドルからCAGR8.7%で成長し、2026年には62億米ドルに達すると予測されています。リアルタイムおよびリモートアクセスのビデオサービスに対する需要の高まり、企業によるクラウドベースのサービスの採用、インターネットユーザー数の増加、総所有コストの低下などが、VaaS市場の成長を促進する主な要因となると予想されます。

COVID-19がVaaS市場に与える影響

COVID-19の発生により、様々な国でウイルスの拡散を防ぐために厳しいロックダウンや移動制限が行われています。VaaS市場では、コラボレーションやコミュニケーションを目的としたビデオ会議の利用が100%以上増加しており、ポジティブな影響を受けています。また、パンデミックにより、世界各地でビジネスの効率性や従業員の生産性が損なわれています。このことから、VaaSのソリューションやサービスの導入は、さらに拍車がかかり、市場の成長を後押ししています。パンデミック後は、コラボレーション、トレーニング、顧客エンゲージメント、マーケティングのためのVaaSソリューションの採用が引き続き増加すると予想されます。

牽引要因:総所有コストの削減

ビジネスクラウドサービスのプラットフォームは、インストールが複雑で、高い所有コストがかかります。以前は、企業はインフラチームを任命して、自社のサーバー上でクラウドインフラを管理する必要がありました。VaaSでは、MSP(マネージドサービスプロバイダー)がインフラを管理するため、企業はインフラ構築への投資を減らすことができます。クラウドベンダーは、自社のサービスプラットフォームを自社のサーバー上に展開します。企業はデータを自社のプラットフォームに取り込み、ビデオ会議サービスを利用するために必要なリソースに対してのみ料金を支払う必要があります。共有のVaaSインフラを利用することで、TCO(Total Cost of Ownership)を削減し、インフラ、ライセンス、サポートなどのコストを削減することができます。

抑制要因:データセキュリティとプライバシーに関する懸念

様々なプラットフォームで共有される動画コンテンツのセキュリティとプライバシーは、企業にとって大きな懸念材料となります。さらに、悪用、情報漏洩、データ侵害の可能性があるため、企業は著作権やデジタル著作権管理(DRM)についても懸念しています。2019年にデータ漏洩事故が最も多く発生したのは、医療、金融、製造、情報、公共の各分野です。このような課題に対処するため、企業はビデオ会議ソリューションを導入する前に、その戦略を再構築する必要があります。また、ビデオコンテンツを適切に管理するためのポリシーや手順がない場合、ビデオ会議ソリューションの導入率が低下する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]