耐火物市場、2021年から2027年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

耐火物市場は、2020年には約280億米ドル規模に達したと推定されています。市場は予測期間(2021年~2027年)において約4%のCAGRを示すと予測されています。

耐火物の世界市場は、鉄鋼、鉄、セメント、ガラス産業での用途により、大きな成長を遂げています。自動車産業への投資の増加は、非鉄金属が自動車部品に広く使用されているため、非鉄金属の高い需要につながると思われます。また、あらゆる種類の耐火物は、すべての主要な非鉄金属のパイロプロセッシングにおいて重要な役割を果たします。したがって、自動車の生産能力の向上により、非鉄金属の需要はさらに拡大し、耐火物市場の成長を後押しすると見込まれています。

市場の考察

形態別では、定形耐火物が主要なシェアを占めている

形態別では、定形耐火物が金属・非金属産業の生産に必要な条件を満たすため、突出した市場シェアを占めています。また、レンガで作られた定形耐火物は、オーブンやキルン内の断熱層を形成し、顧客が設定した断熱基準を満たすために定期的に交換されます。

産業別では、鉄鋼が大きなシェアを占めている

産業別では、鉄鋼、発電、非鉄金属、セメント、ガラス、その他に細分化されています。鉄鋼は耐火物市場において高いシェアを獲得しています。インフラ整備に注力する国々は、鉄鋼の需要拡大に貢献すると見込まれています。鉄鋼は耐火物の最終用途産業であるため、鉄鋼の需要増加に伴い、耐火物市場の成長が促進されます。世界鉄鋼協会によると、鉄鋼需要は2020年に0.2%減少した後、2021年には5.8%増加して18億7,400万トン(Mt)に達すると予想されています。さらに2022年の鉄鋼需要は2.7%のさらなる伸びを示し、19億2,460万トン(Mt)に達する見込みです。 また、2020年の粗鋼生産量は2018年と比較して2.77%の伸びを示しました。電力需要の増加や自動車部門の成長により、発電や非鉄金属も顕著な市場シェアを占めています。例えば、世界の発電量は2018年と比較して2019年に2%近く上昇しました。

アジア太平洋地域は、耐火物市場の最大な地域として市場の大半を占める

耐火物市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、その他の地域に分かれています。建築・建設費の増加は、中国やインドなどの新興国における商業プロジェクトにおける耐火物の需要を促進しています。また、都市化の進展は、市場全体に成長機会を提供する建設活動の増加につながります。特にインド、日本、中国などの国々では、セメント、鉄鋼、ガラス、非鉄金属などのニーズが高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]