医療分野のデータ量、世界の総データ量の約30%を占める

市場の概要

世界の外来EHR市場は、2021年から2027年までの予測期間において、約6%のCAGRで成長すると予想されています。外来EHR(電子医療記録)は、外来診療施設や小規模な診療所を支援します。外来診療用EHRは、入院患者用EHRよりもはるかにシンプルで、医師が病院の複雑なネットワークと関わりを持つことなく、患者の医療記録を管理し、長期的なケアを行うことを可能にします。

医療分野で生成されるデータは膨大であり、このデータを管理する必要性は日に日に高まっています。毎秒、膨大な量の医療データが生成され、そこから貴重なインサイトが抽出されています。現在、世界の総データ量の約30%が医療分野で生成されており、2025年には医療向けデータのCAGRは36%に達すると予想されています。そのため、この膨大なデータの束の中での投薬ミス率を最小限に抑え、データ管理コストを削減するために、多くの医療機関が物理的な文書記録に代わる優れた手段としてEHRを導入しています。

さらに、医療従事者は、構造化されたフォーマットでデータを保存するためにEHRを必要とするため、患者データの効果的な取得と共有のためにEHRが提供する多くの利点のために、外来EHR市場は成長すると予想されています。このように構造化されたデータは、医療従事者が患者情報を簡単に転送したり検索したりするのに役立ちます。

市場の考察

導入タイプ別では、クラウド型が大きなシェアを占めている

外来EHR市場は、導入タイプによって、オンプレミス型とクラウドベース型に分けられます。クラウドベースのセグメントは、高い柔軟性を提供し、エンドユーザーにとって費用対効果が高いため、2020年に最大の市場シェアを占め、予測期間中に最も高いCAGRを示すと推定されています。さらに、導入コストが低く、社内でのメンテナンスを不要にできることも、このセグメントの成長に寄与する主要な要因の一つです。

アプリケーションの中では、診療管理セグメントが大きなシェアを占める

外来EHR市場は、アプリケーションに基づいて、診療管理、患者管理、電子処方、紹介管理、人口健康管理、その他に分類されます。2020年の外来EHR市場では、診療管理セグメントが大きなシェアを占めており、今後数年間において高いCAGRで成長することが見込まれています。これは、高度な医療ソフトウェアの導入が進んでいることと、このプログラムが提供する高度な機能によって運用コストが削減されるためです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]