環境技術市場、2021年から2027年にかけて4%以上のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の環境技術市場は、2020年には約1兆3千億米ドル規模となりました。2021年から2027年までの予測期間において、市場は4%以上の成長が見込まれています。この市場は、環境違反行為を減らすために政府の規制が厳しくなっていることを理由に成長しています。また、資源需要の増加と資源不足も環境技術市場の成長を促進しています。環境資源は工業生産において重要な役割を果たすため、資源を効率的に利用し、再利用するための技術の需要が高まっています。例えば、米国では、水処理・再利用産業は、水圧破砕技術を用いて天然ガスを生産するために大規模な投資・開発が行われていますが、これは水圧破砕作業に必要な水のコストが高いためです。例えば、国際貿易庁が発表したデータによると、水圧破砕プロセスにおける1立方メートルの水の生産価値は約1.54米ドルと推定されています。一方、農業用水1立方メートルの生産性は約0.13米ドルであり、水の効率化に投資することで天然ガス生産者の利益が向上することがわかります。

市場の考察

2020年には、コンポーネントの中で、サービスカテゴリーが大きな市場シェアを占める

コンポーネントに基づいて、市場はソリューションとサービスに分類されます。このうち、サービスカテゴリーは2020年に大きな市場シェアを占めており、予測期間中もその地位を維持することが予想されます。なぜなら、環境資源の需要の増加に伴い、環境資源の効率を最大化するために、適切なメンテナンス、利用、廃棄物管理、資源回収、分析サービスの需要が増加しているからです。また、政府の厳しい規制に対応するために、企業はビジネスを変革するためにエンジニアリング&コンサルティングサービスを利用しています。

2020年には、環境媒体の中で、水分野が市場シェアの大半を占める

環境媒体に基づいて、市場は水、大気、土壌に分類されます。このうち、水分野は、水のリサイクルに対する関心の高まりから、水処理・再利用分野への大規模な投資が行われており、大きな市場シェアを占めています。また、炭素排出量の削減に向けた取り組みが活発化していることから、大気カテゴリーも高い成長率を示しています。

COVID-19の市場への影響

環境技術市場は、COVID-19の影響でマイナスの影響を受けました。世界各国の政府による厳しい措置は、商業・工業部門などの現場に影響を与えています。その結果、環境技術製品・サービスの需要が減少しました。しかし、各国が脱炭素化の目標を掲げていることから、環境技術市場は短期間で回復すると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]