グリーンビルディング市場、2021年から2027年にかけてCAGR2桁台で堅調に成長見込み

市場の概要

世界のグリーンビルディング市場は、2020年には5千億米ドル規模に達しました。2021年から2027年までの予測期間中、市場はCAGR2桁台で堅調に成長すると見込まれています。グリーン化が進む中、多くの国では、効率的な冷暖房を行う住宅所有者に報奨金を支給しており、これがグリーンビルディング市場の活性化につながっています。さらに、発展途上国を中心に建設活動が活発化していることや、環境や人々の健康に良い影響を与えることから、消費者が信頼性が高く持続可能で環境に優しい建築物を好むことが、グリーンビルディング市場を牽引しています。持続可能な建築に加えて、世界各国の政府はグリーン経済に焦点を当て、イニシアチブを取っています。

市場の考察

製品タイプ別では、2020年にエクステリア製品が突出した市場シェアを獲得

製品タイプに基づいて、グリーンビルディング市場は、エクステリア製品とインテリア製品に二分されます。エクステリア製品には、水利用システム、ソーラーシステム、スマート照明システム、熱換気空調システム、水処理プラントなどが含まれ、最も重要なコンポーネントであり、グリーンビルディングで広く使用されているため、エクステリア製品分野は有利な市場シェアを占めています。

アプリケーション別では、2020年に住宅分野が有利な市場シェアを獲得

アプリケーションに基づいて、市場は住宅部門と非住宅部門にサブセグメント化されています。このうち、住宅分野は、スマートテクノロジーを活用したエネルギー消費の削減を促進するための政府の厳しい政策や支援を受けており、大きな市場シェアを占めています。住宅用の高層ビルは、建物を建設する際に政府の厳しい基準に従わなければなりません。しかし、工業化の急速な進展に伴い、非住宅部門は予測期間中に最も急速に成長すると見込まれています。

アジア太平洋地域は、世界のグリーンビルディング市場において重要な市場となっている

世界のグリーンビルディング市場は、地域に基づいて、北米(米国、カナダ、その他の北米地域)、欧州(ドイツ、英国、フランス、スペイン、その他の欧州地域)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、その他のAPAC地域)、その他に分かれています。アジア太平洋地域では、各国政府が持続可能な開発に注力していることや、コスト競争力のある労働力が確保されていることから、グリーンビルディングの高い成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]