デジタル油田市場、2027年に390億米ドル規模到達見込み

市場の概要

デジタル油田市場は、2020年に240億米ドル規模に達しました。2021年から2027年にかけて市場は年平均成長率6%で拡大し、2027年には390億米ドル規模になると予測されています。デジタル油田とは、ワークフローの自動化や生産性の最大化につながるビジネスの側面とデジタル技術を組み合わせたプロセスです。これに加えて、コストを削減し、石油・ガスの操業に伴う全体的なリスクを最小限に抑えることができます。デジタル油田は、油田のパフォーマンスをコンピュータ上で再現する「デジタルツイン」を作成することで、上流部門を変革できるように設計されています。デジタル油田は、特に原油価格が低い環境下で、オペレーション技術とIT技術を融合させることで、石油・ガス部門の魅力を向上させることを期待されています。過去15年間、デジタル油田の採用は、センシング、自動化、接続性、データ分析などの技術的進歩により人気を博してきました。デジタル油田を包括的に導入することで、石油・ガス会社は、オペレーションの効率化、コラボレーション、生産の最適化、データ統合、ワークフローの自動化、意思決定のサポートなどを行うことができます。さらに、貯留層の理解の向上、掘削・完成作業の遠隔監視、物流・サプライチェーンの最適化を通じて、生産性の向上を実現する上でも有益です。

市場の競合状況

デジタル油田市場における主要な企業としては、Weatherford International、NOV、ABB、Emerson、Rockwell Automation、Siemens、Honeywell International、CGG、Kongsberg、Digi Internationalなどが挙げられます。これらの企業は、ハイテクで革新的な製品や技術を顧客に提供するために、複数のM&Aやパートナーシップを結んでいます。

市場の考察

テクノロジー別では、IoTセグメントが主要なシェアを占めている

デジタル油田市場は、テクノロジーに基づいて、IoT、アドバンス・アナリティクス、ロボット、クラウド・コンピューティング、モビリティ、その他に分類されています。テクノロジーの中でも、IoTセグメントは市場の大半を占めています。デジタル油田におけるモノのインターネット(IoT)には、インターネットに接続された物理的な物体のネットワークが含まれます。ウェアラブルデバイス、機器、車両、建物など、あらゆるものに電子機器、センサー、ソフトウェア、ネットワーク接続を組み込むことができます。デジタル油田技術は、データを効率的に収集し、意思決定や操業の促進に役立てることができれば、導入された資産の現在価値を25%高めることができるといわれています。

北米はデジタル油田市場の最大のシェアを占める

デジタル油田市場は地域に基づいて、北米(米国、カナダ、その他の北米地域)、欧州(ドイツ、フランス、イタリア、英国、スペイン、その他の欧州地域)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、その他のAPAC地域)、その他の地域に分かれています。北米は、デジタル化と原油消費量の増加により、市場の大半を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]