インタラクティブキオスク市場、2027年に362億2千万米ドル規模到達見込み

市場の概要及び動向

インタラクティブキオスクの世界市場は、2020年に262億米ドル規模となりました。2021年から2027年までの予測期間中、市場は4.8%のCAGRで成長し、2027年には362億2千万米ドル規模に達すると予想されています。公共施設などに設置され、ユーザーがデジタルコンテンツや情報を使いやすいインターフェースで操作できるセルフサービス機器を「インタラクティブキオスク」と呼んでいます。これらは、小売販売、課金、道案内、情報共有、観光などに使用されます。

あらゆる分野で技術が進歩し、個人に合わせた効率的なサービスが求められる中、多くの業界関係者がこのインタラクティブ技術を利用して顧客を魅了し、顧客体験を向上させることで状況を変化させています。例えば、中国のレストラン「Yum China Holdings」では、顔認証や画面上での支払いなどの機能を備えた独立型の注文用キオスクを店舗に設置するという革新的なコンセプトを打ち出しました。さらに、インタラクティブキオスクは、チェックインやチェックアウトの長蛇の列を解消する必要性から、空港当局の間でも人気を集めています。その結果、市場は世界的に成長しています。

インタラクティブキオスク市場の成長は、スマートシティやスマートインフラの展開が加速していることや、様々な民間および政府機関が公共エリアにキオスクを設置する取り組みが増加していることに起因しています。例えば、2021年にヒューストン市議会は、ダウンタウンやガレリアなどの地域に125台近いデジタルキオスクを設置する提案を承認しました。これらの高さ8フィートのキオスクでは、地元のさまざまな観光スポットやアトラクションに関する情報や広告が提供されます。これに加えて、セルフサービスシステムの導入にシフトする消費者の数が増加していることも、インタラクティブキオスク市場の拡大を世界的に加速させています。

市場の考察

タイプ別では、自動販売機が大きなシェアを占めている

市場はタイプ別に、銀行用キオスク、セルフサービスキオスク、自動販売機に分類されています。自動販売機は、2020年に最も高い売上を記録し、予測期間中に著しい成長を遂げ、2027年には市場をリードすると予想されています。これは、小売店やクイックサービスレストラン・ホテルの増加により、お客様のショッピング体験が向上するためです。例えば、米国では、サンドイッチチェーンのSubwayが、2019年に国内で23,801店舗を展開し、クイックサービスレストランチェーンのトップとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]