プロバイオティクス市場、2027年に912億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のプロバイオティクス市場は、2020年には547億米ドル規模となりました。市場は2027年には912億米ドル規模に達すると予測されており、予測期間(2021年~2027年)におけるCAGRは7%に達すると見込まれています。健康的な食品の需要の高まり、乳糖不耐症者の増加、胃腸障害の急増などが背景にあります。National Digestive Diseases Information Clearinghouseによると、約3,000万人から5,000万人のアメリカ人が乳糖不耐症であり、そのうちアフリカ系アメリカ人とアメリカインディアンの75%、アジア系アメリカ人の90%が乳糖不耐症であるとされています。 また、2型糖尿病、肥満、脳卒中、心臓病、がんなどの慢性疾患の急増は、健康面や経済面で大きな負担となっています。現在、アメリカ人の60%が少なくとも一つの慢性疾患を抱え、40%が複数の慢性疾患を抱えています。これらの健康問題を解決するためには、健康的な食品とプロバイオティクスを含むサプリメントが必要です。さらに、アメリカの食糧農業機関によると、2019年のグリーンランドでは栄養不足の人の割合が8.9%に達しています。

Food Allergy Research & Educationによると、米国では約3,200万人が食物アレルギーに苦しんでいます。また、米国疾病管理予防センターによると、約1,220万人が食物アレルギーに苦しんでおり、そのうちの3分の2は卵が原因とされています。食物アレルギーに悩む人の増加に伴い、プロバイオティクスの需要が高まっています。さらに、がん、心血管疾患、関節炎、高血圧など、さまざまな加齢性疾患にかかりやすい高齢者人口の増加も、健康的な食生活と適切な栄養摂取のためのプロバイオティクスの需要拡大に拍車をかけています。例えば、国連によると、2017年の世界の60歳以上の人口は9億6,200万人で、2050年には約21億人に達すると予想されています。

市場の競合状況

プロバイオティクス市場では、デュポン、ダノン、Chr.ハンセン、ヤクルト本社、ネスレ、BioGaia AB、Probi AB、Ganeden, Inc.、Protexin、Lifeway Foods, Inc.などが有力なプレイヤーとして活躍しています。これらの企業は、ハイテクで革新的な製品を顧客に提供するために、M&Aやパートナーシップを結んでいます。

市場の考察

アプリケーションタイプ別では、機能性食品・飲料セグメントが大きなシェアを占める

アプリケーションタイプ別に、市場は機能性食品・飲料、栄養補助食品、飼料に分類されています。2020年には、機能性食品・飲料セグメントが大半のシェアを獲得し、市場を支配しており、今後数年間においても高いCAGRで成長すると予想されます。また、栄養補助食品セグメントは、今後数年間で最も急速に成長すると見込まれています。

フォームタイプ別では、ドライタイプが予測期間中に市場を支配する

市場は、フォームタイプに基づいて、ドライとリキッドに分かれています。2020年には、ドライセグメントが主要な市場シェアを獲得し、市場を支配しています。また、ドライセグメントは、錠剤/カプレット、カプセル、粉末/顆粒、チュアブルに分類されています。2020年には、錠剤セグメントが主要な市場シェアを獲得しています。 しかし、予測期間においてはリキッドセグメントが急成長し、高いCAGRを示すと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]