水素発生装置市場、2021年から2027年にかけて5%以上のCAGRで成長見込み

市場の概要

水素発生装置の世界市場は、2020年には約15億米ドル規模となりました。予測期間(2021年~2027年)において市場は5%以上のCAGRで成長すると見込まれています。天然ガスは、効率、コスト、環境面を考慮すると、水蒸気改質による水素製造に適した燃料の一つと考えられます。また、石炭やバイオマスなどの他の燃料に比べて、排出される炭素量が少ないのも特徴です。しかし、このプロセスで環境に放出される二酸化炭素の量は非常に多く、全体の二酸化炭素排出量の増加につながっています。水素発生装置市場の参入企業は、水素ガスを商業的に生産するためのコストを削減することに重点を置いており、最終的には自動車産業や工業部門で使用されます。さらに、水素発生装置市場は、現在市場に参入している企業に多くの成長機会を提供すると予測されています。水素発生装置市場のイノベーションを促進する主な要因は、政府当局による支援の増加と、研究機関による研究開発です。例えば、国際エネルギー機関(IEA)によると、2019年の低炭素電力の最低価格は3.2米ドル/kg、最高価格は7.7米ドル/kgで、2060年には最低価格が1.3米ドル/kg、最高価格が3.3米ドル/kgにまで低下すると予測されています。

2020年初頭に発生したCOVID-19のパンデミックでは、世界各国がロックダウンや国境閉鎖などの対策を講じたため、石油・ガス、石油化学、化学などの産業の生産に影響が出ています。そのため、水素ガスの需要が減少し、水素発生装置市場に影響を与えています。

市場の考察

2020年には、製品タイプの中でオンサイト型が市場を独占

水素発生装置は、製品タイプ別にオンサイト型とポータブル型に二分されています。両者のうち、2020年にはオンサイト型が突出した市場シェアを占めています。しかし、燃料電池を搭載した自動車の導入が増加していることから、ポータブル型水素発生装置は予測期間中に大幅に成長することが予想されます。

用途別では、2020年に工業用途が大きなシェアを占めた

用途に基づいて、実験室と工業は、水素発生装置市場が大きく成長することができたカテゴリーです。この2つのカテゴリーのうち、工業用途は2020年に重要なシェアを占めており、予測期間中に大きな成長を見せると予想されています。また、水素は、実験室ではガスクロマトグラフ(GC)の燃料やキャリアガスとして、化学工業ではアンモニア、シクロヘキサン、メタノールの合成など、さまざまな実験用途に使用されています。さらに、産業界では、石油精製、金属処理、肥料製造、食品業界では油を水素化して脂肪を生成するために水素発生装置が使用されています。また、石油精製所では、燃料中の硫黄分を減らすために水素を使用します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]