環境試験市場、2021年から2027年にかけて約7.2%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の環境試験市場は、2020年には約60億米ドル規模となりました。2021年から2027年にかけて市場は約7.2%のCAGRで成長すると見込まれています。環境試験ラボの分野は例外的であり、政府による規制が主な推進力になると予想されています。また、政府の規制スキームに内在する柔軟性の欠如は、環境試験所や計測器サプライヤーが革新的なアプローチを模索し、環境汚染物質のモニタリング能力を向上させるためのインセンティブを失わせる場合が多々あります。米国環境保護庁(EPA)は最近、スーパーファンド革新技術評価(SITE)プログラムなどのプログラムを通じて、環境評価や汚染物質の除去に新技術を適用するための適切なアプローチを推進しようとしています。

市場の考察

技術の中でも、迅速検査技術が大きな成長を示す見込み

環境試験市場は、技術に基づいて、従来の検査技術と迅速検査技術に分けられます。現在は従来の検査技術が市場を支配していますが、予測期間中は迅速検査技術が市場を支配すると予想されています。迅速検査技術は、その使いやすさと持ち運びのしやすさから、人気を集めています。

サンプルタイプのうち、2020年には廃水セグメントが市場を支配

サンプルタイプに基づいて、環境試験市場は、廃水、土壌、水、大気、その他に分けられます。2020年には、廃水セグメントが市場を支配しています。世界人口の増加に伴い、家庭での清潔な飲料水や農業・灌漑用の水の需要が高まっています。

最終用途分野別では、農業・灌漑部門が高い成長を示す見込み

環境試験市場は、最終用途分野に基づいて、農業・灌漑、政府機関、製造業、林業・地質、その他に分類されています。環境試験は、産業界、環境コンサルタント、請負業者、小売業者、政府機関などに対し、市場をリードするラボ試験、モニタリング、コンサルティングサービスを提供し、重要な役割を担っています。

地域別では、2020年には北米が市場を独占

世界の環境試験市場は地域に基づいて、北米(米国、カナダ、その他の北米)、欧州(ドイツ、英国、フランス、イタリア、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、その他のAPAC)、その他の地域に分かれています。2020年には北米が市場を独占していましたが、アジア太平洋地域では産業部門の成長と政府の環境保護への取り組みにより、予測期間中にアジア太平洋地域が高い成長を遂げることが期待されています。

COVID-19の市場への影響

COVID-19感染症の世界的な大流行は、世界の公衆衛生の安全性を大きく脅かしています。現在、世界の200以上の国と地域がパンデミックの影響を受けており、感染者数と死亡者数は依然として増加傾向にあります。未曾有のとして、COVID-19の発生は世界の経済成長に大きなダメージを与え、環境にも一定の影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]