航空宇宙材料市場、2021年から2027年にかけてCAGR7%以上で成長見込み

市場の概要

航空宇宙材料の世界市場は、2020年には約340億米ドル規模となりました。2021年から2027年までの予測期間中、市場は7%以上の成長が見込まれています。航空宇宙材料の世界市場は、航空旅客数の増加に伴う航空機需要の増加を背景に拡大しています。インドのような発展途上国では、低コスト航空会社の出現により、中間所得層の航空旅行が増加しています。その結果、アルミニウム、スチール、チタン、複合材などの航空宇宙材料の需要が増加しています。例えば、粗鋼の生産量は、2010年の14億3,500万トンから2020年には18億7,800万トンに増加しています。また、一次アルミニウムの生産量は、2010年の42,353千トンに対し、2020年には65,325千トンに増加しています。さらに、航空機メーカーが性能を犠牲にすることなく航空機を軽量化することに注力していることから、複合材や超合金などの新素材の需要が高まっています。例えば、ボーイング787やエアバスA350のような航空機は、主に炭素繊維とポリマー樹脂の混合材料で作られています。

COVID-19の市場への影響

COVID-19は、航空宇宙材料市場にマイナスの影響を与えました。旅行が禁止されたことで、民間機や一般機の需要が減り、その結果、新しい航空機の生産活動が停止しました。これにより、航空宇宙材料のサプライヤーや流通業者、航空機部品メーカーなど、航空宇宙産業のエコシステム全体に影響が及びました。

市場の洞察

2020年の航空宇宙材料市場では、材料タイプの中で、アルミニウムカテゴリーが突出したシェアを占めている

材料タイプに基づいて、市場はアルミニウム、スチール、チタン、超合金、複合材、その他に分類されます。これらのうち、2020年の航空宇宙材料市場では、アルミニウムが大きなシェアを占めています。胴体や翼などの航空機部品の多くは、アルミニウム合金を使用して製造されています。また、多くの産業でアルミニウムの需要が増加しており、航空宇宙産業ではアルミニウムのリサイクルに力を入れています。さらに、航空機の軽量化の傾向は、重量を減らして航空機の性能を向上させることができるアルミニウム-リチウムのようなアルミニウム合金の需要を増加させる可能性があります。

航空機の種類の中で、2020年には民間航空機が市場を支配している

航空機の種類に基づいて、市場は民間航空機、軍用機、ビジネス&ジェネラル、ヘリコプター、その他に分類されています。これらの中では、航空機の需要が高く、製造時に多くの材料を消費することから、民間航空機が最大の市場シェアを占めています。さらに、発展途上国での航空旅行の普及率が高まっていることから、需要の増加に対応するために民間航空機の需要が増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]