ミルクプロテイン市場、2027年に180億米ドル規模到達見込み

市場の概要及び動向

世界のミルクプロテイン市場は、2020年に110億米ドル規模となりました。2021年から2027年までの予測期間中に市場はCAGR6%で成長し、2027年には180億米ドル規模に達すると予測されています。

高齢者人口の増加に伴い、がん、心血管疾患、関節炎、高血圧などの様々な加齢性疾患にかかりやすくなっていることが、健康的な食生活や適切な栄養摂取のためのミルクプロテインの需要拡大に拍車をかけている主な原因です。例えば、国連によると、世界の60歳以上の人口は、2017年には9億6,200万人で、2050年には約21億人に達すると予想されています。

支出全体では、消費者は来年以降、ウェルネス製品とサービスの両方を利用する機会が増えると予想されます。特に、心身の健康を重視したサービス(パーソナルトレーニング、栄養士、カウンセリングなど)へのシフトが進むと予想されています。また、平均的なアメリカ人は、栄養補助食品に1ヶ月あたり約56ドルを費やしており、ジムに通う人の3.8%が栄養補助食品を使用しています。

米国では、高齢者人口の増加とジム愛好家の増加が、ミルクプロテイン市場を牽引する重要な要因となっています。米国国勢調査局によると、2034年には、65歳以上の高齢者が7,700万人、18歳以下の子供が7,650万人になると予想されています。 また、米国ではフィットネス愛好家が増加しており、ミルクプロテインの需要が高まっています。2021年、米国のジム業界は2020年比で7.2%成長しています。また、2019年の米国のジム会員数は6,420万人で、2018年の6,250万人から2.8%増加していることがIHRSAによって明らかになっています。

市場の考察

タイプ別では、濃縮ミルクプロテインが大きなシェアを占める

市場はタイプ別に、濃縮ミルクプロテイン、分離ミルクプロテイン、ミルクプロテイン加水分解物、カゼインおよびカゼイン酸塩、濃縮ホエイプロテイン、分離ホエイプロテインに分類されています。2020年には、濃縮ミルクプロテインセグメントが主要な市場シェアを獲得し、市場を支配しています。また、このセグメントは今後数年間、高いCAGRで成長すると予想されます。しかし、分離ホエイプロテインセグメントは、今後数年間で最も急速に成長する分野として浮上すると見込まれています。

フォームタイプ別では、ドライタイプが予測期間中に市場を支配する見込み

フォームタイプに基づいて、市場はドライとリキッドに分かれています。2020年には、ドライセグメントが主要な市場シェアを獲得し、市場を支配しています。しかし、予測期間にはリキッドセグメントが成長し、高いCAGRを示すと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]