コールドチェーン市場、2021年から2027年にかけて8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

コールドチェーン市場は、予測期間(2021年~2027年)において、8%のCAGRで成長すると予想されています。コールドチェーンとは、温度管理された陸上輸送とサプライチェーンの組み合わせです。例えば、水産物、農産物、冷凍食品、化学薬品、写真フィルム、医薬品などの製品の品質や保存期間を維持するための冷凍ソリューションに関するものです。今日、コールドチェーンは、販売期間の延長、ピーク時の輸送ボトルネックの減少、過剰生産の防止のために必要とされています。このプロセスでは、温度管理された倉庫を利用して製品を保管し、保冷された輸送車両を利用して製品を配送します。コールドチェーン・ロジスティクス・ソリューションは、野菜、果物、牛肉、食肉、薬剤、医薬品などの輸送や保管に広く採用されています。また、冷蔵鉄道車両、冷蔵トラック、航空貨物、冷蔵貨物などの様々な輸送手段も使用されています。

市場の考察

アプリケーションのうち、乳製品と冷凍デザートのセグメントが2020年の市場を支配している

アプリケーションに基づいて、市場はフルーツ・野菜、乳製品と冷凍デザート、魚、肉とシーフード、ベーカリーと菓子に細分化されています。2020年には、乳製品・冷凍デザート分野が市場を支配し、予測期間中に有利な成長が見込まれています。コールドチェーン市場では、乳製品および冷凍デザート分野が最大の割合を占めています。牛乳などの乳製品は、何世紀も前から食中毒に関係しています。米国疾病管理予防センターによると、米国では毎年、4,800万人が病気になり、12万8,000人が入院し、3,000人が食中毒で亡くなっています。乳製品は最も規制されている食品の一つです。乳製品の品質を維持するためには、コールドチェーン物流が重要です。コールドチェーンでは、サプライチェーン全体を通して、乳製品に求められる低温が確実に保たれます。

温度タイプの中では、冷凍セグメントが主要なシェアを占める

温度タイプに基づいて、市場は冷凍と冷蔵に二分されています。2020年には冷凍セグメントが市場を支配し、予測期間中は有利な成長が見込まれています。食品の冷凍は、食品を不活性化することで保存期間を延ばします。また、冷凍プロセスは、食品の腐敗を促進し保存期間を制限する生物学的および化学的反応を遅らせます。冷凍製品の標準的な温度範囲は、18℃から-25℃です。冷凍することで、食品の食感、味、栄養価を保つことができます。ただし、食品素材の種類、前処理の使用、冷凍・冷蔵保存方法の選択、適切なパッケージの使用などによっても異なります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]