バイオエタノール市場、2021年から2027年にかけて2桁成長見込み

市場の概要

バイオエタノールの世界市場は、2020年には約300億米ドル規模に達し、予測期間(2021年~2027年)には2桁の成長が見込まれています。現在、地球温暖化が大きな問題となっています。2015年、国連気候変動枠組条約の加盟国197カ国は、パリ協定に署名し、地球温暖化を抑制することで危険な気候変動を回避するための政策に合意しました。運輸部門は、CO2を最も多く排出する部門のひとつです。そのため、化石燃料をバイオエタノールに置き換えることで、環境の脱炭素化に貢献することができます。また、バイオエタノールはオクタン価が高いため、従来の燃料に代わる魅力的で最も適した燃料の一つとなっています。ガソリンにバイオエタノールを大量に混合すると、エンジンのノッキング現象が緩和され、自動車の燃費が向上します。さらに、バイオエタノールは環境への一酸化炭素の排出量が少ないため、クリーンな燃料でもあります。これらの要因に加え、政府の厳しい政策により、バイオエタノール市場の需要は予測期間中に急激に増加すると考えられています。

市場の考察

2020年には、原料のうち、デンプンと砂糖ベースのカテゴリーが大きな市場シェアを占める

バイオエタノール市場は、原料に基づいて、デンプンベース、砂糖ベース、セルロースベース、その他に分類されています。2020年には、デンプンおよび砂糖ベースのカテゴリーが重要な市場を占めました。これは主に、政府がバイオエタノールの生産に広く使用される作物の栽培を増やすことに注力しているためです。また、セルロース系原料は燃料をベースとしており、作物残渣、木材残渣、エネルギー専用作物、産業廃棄物などがあります。セルロース系原料は、デンプンや砂糖をベースとした原料に比べていくつかの利点があります。

エンドユーザーのうち、2020年には運輸部門が市場シェアの大半を占める

エンドユーザーに基づいて、市場は輸送、医薬品、化粧品、アルコール飲料に分類されます。運輸部門は、世界的に見て温室効果ガスの排出量が多いため、バイオエタノールをより多く混合したガソリンに対応できるよう、エンジンの改良に注力しています。

地域別では、北米が大きなシェアを占める

バイオエタノールの世界市場は、地域に基づいて、北米(米国、カナダ、その他北米)、欧州(ドイツ、英国、ロシア、フランス、スペイン、その他欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、その他アジア太平洋)、その他の地域に分かれています。2020年には北米が大きな市場シェアを占め、予測期間中に大きな成長が見込まれています。エタノール混合物の使用に関する政府規制も、バイオエタノールの市場規模を拡大する要因となります。これに加えて、バイオエタノールを製造するための余剰原料が入手可能であることも、この地域の市場を牽引しています。北米は世界でも有数の自動車用燃料の消費国であり、さまざまなエタノール混合燃料を使用しています。米国、カナダ、メキシコなどの国では、自動車に使用するエタノールの混合率を上げることが義務付けられており、農業廃棄物や副産物を利用するバイオエタノールの需要が増加すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]