特殊油脂市場、2027年に200億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の特殊油脂市場は、2020年に120億米ドル規模に達しました。2021年から2027年の予測期間において、市場はCAGR8%で成長し、2027年には200億米ドル以上の規模に達すると予測されています。

加工食品は、広く入手でき、安価で、集中的に販売されているため、世界中の多くの人々の食生活において大きなシェアを占めています。多くの先進国で加工食品の消費が拡大し、加工食品やパッケージ食品の売上が増加していることから、特殊油脂の需要が世界的に大きく増加しています。例えば、世界の包装食品の売上高は、2015年に2兆3,397億米ドル、2017年には2兆5,789億米ドル、そして2019年には2兆6,441億米ドルと徐々に増加しています。さらに、製品の保存期間を維持・延長して食品の品質を高めるために、特殊油脂の製造に使用される技術の進歩も市場の成長を後押ししています。

米国農務省(USDA)によると、2019年の米国の全製造工場のうち、食品・飲料の製造工場は出荷額の15.8%、全従業員の14.7%を占めています。 地域における加工食品やパッケージ食品への需要の高まりが、この市場の成長要因として作用しています。アメリカ人の総カロリー消費量の約80%は、店頭で購入した食品や飲料(パッケージおよび非パッケージ)によるものであることが分かっています。

市場の考察

タイプ別では、液状タイプが予測期間中に市場を支配する

タイプに基づいて、市場はドライタイプと液状タイプに細分化されています。2020年には液状タイプが主要な市場シェアを獲得しました。予測期間においても液状タイプが市場シェアの大半を占めると予測されています。

アプリケーション別では、乳児栄養分野が今後数年間で大きな市場シェアを獲得する

この市場は、アプリケーションに基づいて、ベーカリー製品、加工食品、動物栄養、乳製品、乳児栄養、その他に分類されています。 このうち乳児栄養分野が、予測期間において市場シェアの大半を占めると予測されています。

機能別では、コーティング分野が2020年から2027年の間に大きな成長を遂げる

機能別に、市場は成形、充填、コーティング、安定化、テクスチャー、その他の機能に分けられます。 このなかで、コーティング分野が予測期間中大きく成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]