先進炭素材料市場、2021年から2027年にかけてCAGR8%以上で成長見込み

市場の概要

世界の先進炭素材料市場は、2021年から2027年にはCAGR 8%以上で成長すると見込まれています。航空宇宙・防衛、自動車、輸送などの幅広い産業分野で高機能材料の需要が高まっていることから、炭素複合材料や強化プラスチック材料の需要が増加しており、先進炭素材料の需要を促進しています。例えば、ボーイング787やエアバスA350などの航空機には、炭素繊維とポリマー樹脂を組み合わせた材料が使用されています。また、ボーイング787ドリームライナー旅客機は、重量の50%が複合材料で構成されており、複合材料のほとんどが炭素繊維積層板または炭素繊維サンドイッチです。さらに、自動車業界では、自動車の全体的な重量を減らすために炭素繊維の利用が増えており、その結果、効率が向上し、二酸化炭素の排出量を削減することができます。例えば、BMWは7シリーズのルーフエレメントとサポートピラーに炭素繊維複合材を使用しています。一方、アルファロメオの4Cは、完全にカーボンファイバー製のシャーシを採用し、車両重量をわずか2,500ポンドにまで削減しています。炭素繊維以外にも、鉄の200倍の強度を持ち、1平方メートルあたりわずか0.77ミリグラムの重さしかないグラフェンのような製品の需要も高まっています。

COVID-19市場への影響

COVID-19の影響で、先進炭素材料市場は厳しい状況に置かれています。これらの材料は、自動車、電子機器、航空宇宙・防衛などの業界で使用されていますが、政府によるロックダウンなどの措置により製造業が停止したため、大きな影響を受けました。例えば、OICAによると、2020年には自動車の生産台数が16%減少し、炭素繊維やその他の高度な炭素材料で構成される自動車部品の市場に影響を与えています。さらに、国境閉鎖によりサプライチェーンが停止し、製造業に影響を与えています。これらの要因は、先進炭素材料市場にマイナスの影響を与えています。

市場の考察

2020年の市場では、タイプ別では炭素繊維が突出したシェアを占めている

タイプに基づいて、先進炭素材料市場は、炭素繊維、等方性グラファイト、グラフェン、カーボンナノチューブ、カーボンフォーム、その他に分類されます。これらのうち、炭素繊維は、自動車・輸送、航空宇宙・防衛、インフラ、エレクトロニクスなどの業界での使用が増加しているため、大きな市場シェアを占めています。炭素繊維は軽量で剛性が高いため、自動車メーカーでは自動車への採用が進んでいます。しかし、コストが高いため、現在は主にハイエンドの自動車に使用されています。しかし、技術の進歩とコストの低下により、あらゆる種類の自動車に使用されるようになると予想されます。そのため、炭素繊維の市場は拡大しています。

エンドユーザーの中で、2020年には自動車と航空宇宙・防衛産業が市場を支配している

エンドユーザーに基づいて、市場は自動車、航空宇宙・防衛、エレクトロニクス、冶金、エネルギー、建設、スポーツ、ヘルスケア、その他に分類されます。これらの中で、自動車および航空宇宙・防衛は、先進炭素材料の最大のエンドユーザーの一つです。防衛分野での高強度材料の需要の増加、航空機や自動車の軽量化の傾向、これらの産業での最終製品の需要の増加により、これらの産業で使用される部品の需要が増加し、その結果、先進炭素材料市場が拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]