データヒストリアン市場、2021年から2027年までCAGR約5.4%で成長、2027年までに150万米ドル規模超過見込み

市場の概要

データヒストリアン市場は、2021年から2027年までの予測期間に約5.4%のCAGRで成長し、2027年までに150万米ドル規模を超えると予想されています。デジタル化、IoT、インダストリー4.0などの進行中および今後のトレンドへの注目が高まっていることに加え、この地域では自動車製造工場の数が増加し、急速な都市化が進んでいることが、データヒストリアン市場の成長を促進しています。また、産業用ビッグデータの量が増加していることに加え、プロセスやパフォーマンスの改善のための統合データに対する需要が高まっていることも、成長を促進すると予想される主な要因です。さらに、インダストリー4.0、スマートファクトリー、スマートプラントの出現により、世界中の組織が、プロセスのいくつかの層で大量のデータを利用する方向にシフトしていることが示されています。

COVID-19の市場への影響

2020年にCOVID-19が発生したことで、テクノロジー分野のあらゆる要素に影響が出ました。世界のICT支出は、2020年末までに4~5%減少すると予測されています。IT業界に最も影響を与えると予測されているのは、ハードウェア事業です。ハードウェアの供給が滞り、製造能力が低下したため、ITインフラの成長が鈍化しています。そのため、ソリューションやサービスを提供する企業は、短いスパンで成長率が低迷していました。しかし、コラボレーション・アプリケーション、アナリティクス、セキュリティ・ソリューション、AIなどの導入は、2021年末まで増加が見込まれています。

市場の競合状況

GE、ABB、Emerson、Siemens、AVEVA、Honeywell、Rockwell Automation、OSIsoft、ICONICS、IBM、Yokogawa、PTC、Inductive Automation、Canary Labs、Open Automation Softwareなどが、世界のデータヒストリアン市場で活躍している主要なプレイヤーです。これらの企業は、ハイテクで革新的な製品や技術を顧客に提供するために、複数のM&Aやパートナーシップを実施しています。

コンポーネント別では、ソフトウェアセグメントが大きなシェアを占める

データヒストリアン市場は、コンポーネントに基づいて、ソフトウェアとサービスに分類されています。ソフトウェアは、データヒストリアンソフトウェアがプロセスの改善につながるため、市場での需要が急増し、2020年に最大の市場シェアを獲得しました。

アプリケーション別では、資産パフォーマンス管理セグメントが主要なシェアを占める

アプリケーションに基づいて、データヒストリアン市場は生産未満の追跡、環境監査、資産パフォーマンス管理、GRC管理、予知保全、その他(セキュリティと品質管理)に分類されます。2020年の世界のデータヒストリアン市場では、資産パフォーマンス管理のセグメントが突出したシェアを獲得しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]