コンベアオーブン市場、2021年~2027年の間CAGR3%以上で成長、2027年に1億3千万米ドル規模超過見込み

市場の概要

コンベアオーブン市場は、2020年に約1億米ドル規模に達しました。市場は2021年~2027年の予測期間にCAGR3%以上で成長し、2027年に1億3千万米ドルを超えると予測されています。コンベアオーブンは、連続式オーブンとも呼ばれており、キッチンでの複数の作業に使用されています。このタイプのオーブンは、ベルトを使って食品を調理キャビティ内に搬送し、上部と下部の熱源から熱風を吹き付けて製品を調理します。

世界のコンベアオーブン市場は、世界各地の外食産業における様々な厨房機器の需要が急増していることから、大きな成長を遂げています。ホテル、レストラン、その他のケータリングサービスなどの外食産業では、効率的で技術的に優れた機器が必要とされます。また、世界的に消費者の食品への支出が増加していることから、エネルギー効率が高く、技術的に優れた製品への需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。例えば、イギリスの環境食糧農村地域省によると、2019年のイギリスにおける食品、飲料、ケータリングへの支出は3,120億米ドルでした。

さらに、継続的な研究開発に加えて、食品調理のためのフードサービス機器における技術的進歩の高まりにより、食品業界は幅広い革新的な焼き菓子を作ることができるようになり、メーカーは技術的に効率的な機器を顧客に提供するようになっています。このような背景から、コンベアオーブン市場は今後数年間で大きな成長が見込まれています。例えば、XLTコンベアオーブン3870は、高効率の静音バーナー、取り外し可能なパネル、光学式炎センサー技術を備えており、3段重ねになっています。

市場の競合状況

Star Manufacturing, Davron Technologies, Wisconsin Oven Corporation, Middleby Corporation, Mahan Oven & Engineering Co. Inc, Lincoln, XLT Inc, International Thermal Systems, Lewco Inc, Zanolliなどが、コンベアオーブン市場で活躍している著名な企業として挙げられます。これらの企業は、革新的な新製品を顧客に提供するために、複数のM&Aやパートナーシップを実施しています。

動力源別では、電気式が大きなシェアを占める

動力源に基づいて、コンベアオーブン市場はガス式と電気式に分けられます。電気式オーブンは、モダンで使いやすく、コスト効率が高く、火事になりにくいため、市場の大半を占めています。また、このセグメントの成長は、ピザ屋での電気式オーブンの採用が増えていることにも起因しています。電気式コンベアオーブンは、ピザなどの食品をゆっくりと調理し、完璧に仕上げるのに適しているからです。

技術別では、対流式が大きなシェアを占める

コンベアオーブン市場は、技術別に放射線式と対流式に分けられます。対流式オーブンは、ファンを使って熱風を循環させるため、シェフやベーカリーが好んで使用するオーブンであり、熱風を均一に加熱し、調理時間を短縮することで調理効果を高めることができるため、市場の大半を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]