電池リサイクル市場、2021年~2027年の予測期間中CAGR6%以上で成長見込み

市場の概要

電池リサイクル市場は、2020年には約170億米ドルの規模に達しました。市場は予測期間(2021年~2027年)中に6%以上の成長率を示すことが予想されています。電池の需要の増加に伴い、電池の寿命が尽きた後の持続可能性について、環境団体の関心が高まっています。さらに、多くの国では、電池には環境を汚染する可能性のある腐食性物質や重金属が含まれているため、電池をゴミ箱に捨てることは違法とされています。したがって、電池産業のバリューチェーンを収益性の高いものにし、環境に優しいものにするためには、電池のリサイクルが必要です。しかし、現在、リサイクルされている電池の数は非常に限られています。例えば、オーストラリアでは、リチウムイオン電池の2〜3%しか回収されず、リサイクルに回されていません。一方、欧州連合や米国では、リチウムイオン電池のリサイクル率は5%以下です。現在、企業は主に電池の生産量を増やし、電池の寿命と充電容量を増やし、同時に電池のコストを下げることに注力しており、リサイクルプロセスを進めることには力を入れていない状況です。そのため、リサイクルされていない多くの電池は、高温での溶解抽出(製錬)プロセスを経ています。これらのプロセスはエネルギーを必要とし、大規模な資本と最新の設備を必要とします。しかし、すべての貴重な素材を回収することはできないため、持続可能な開発のためには、適切なリサイクルのバリューチェーンが必要です。

ほとんどの他の業界と同様に、COVID-19は電池のリサイクル市場にマイナスの影響を与えました。なぜなら、電池のリサイクルには完全に効率的なサプライチェーンが必要ですが、COVID-19の影響でそれが途絶えてしまったからです。さらに、病気の蔓延を抑制するために、世界各国の政府はロックダウンなどの厳しい措置を講じており、その結果、工場が閉鎖されたり、人員が削減されて生産性が低下したりしています。また、電池の回収は電池リサイクルの最初のステップですが、COVID-19の蔓延により消費者が外出を控えるようになったため、電池の回収にも影響が出ています。

ケミストリーの中でも、2020年には鉛蓄電池カテゴリーが市場を席巻

ケミストリーに基づいて、市場は鉛蓄電池、リチウム系、ニッケル系、その他に分類されています。これらの中で、鉛蓄電池が圧倒的なシェアを占めています。鉛蓄電池の市場は成熟しており、サプライチェーンが確立されているため、リサイクル業者が主に鉛蓄電池のリサイクルを行っています。さらに、費用対効果が高く、リサイクル率が高いことも、市場シェアを拡大している主な要因です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]