業務用ボイラー市場、2021年~2027年までCAGR 3.6%で成長、24億米ドル規模到達見込み

市場の概要

業務用ボイラー市場は、2020年には19億米ドルとなり、2021年から2027年までの予測期間中にCAGR 3.6%で成長し、24億米ドルに達すると予想されています。業務用ボイラーは、可燃性燃料を燃焼させるか、電気を使って水を加熱し、建物内の暖房に使用する加圧システムです。ボイラーには、お湯そのものを利用するタイプと、お湯を蒸気にして利用するタイプがあります。ボイラー内部では、バーナーや電気コイルが熱を発生させ、それが熱交換器によって水に伝達されます。業務用ボイラーは、バーナー、燃焼室、熱交換器、制御装置、排気筒など、5つの主要な付属品で構成されています。商業施設では費用対効果の高い暖房システムが好まれるようになり、世界中で業務用ボイラーの需要が高まっています。例えば、北米における非凝縮型および凝縮型の業務用ボイラーの販売台数は、2014年の69,000台から2020年には73,000台に増加しています。業務用ボイラーの効率レベルは、AFUE評価(Annual Fuel Utilization Efficiency)と呼ばれるパーセンテージで表されます。AFUE評価が高いほど、ボイラーシステムの効率は高くなり、コストも高くなります。しかし、効率が良ければ良いほど、日々の暖房費を抑えることができます。

熱供給技術の構造

高効率で費用対効果の高いシステムの採用が進んでいること、商業施設や住宅の新設が増えていること、業務用ボイラーに関連する費用対効果の高さなどが、市場の主な原動力となっています。しかし、業務用ボイラーの設置に伴う初期費用の高さが、市場成長の主な阻害要因となっています。

燃料タイプの中では、天然ガスセグメントが2020年に市場を支配

燃料タイプに基づき、市場は天然ガス、石油、石炭、その他に分類されています。天然ガスは全体的な効率を向上させ、有害ガスの排出を削減することから、天然ガスセグメントは予測期間中に大きな成長が見込まれています。

テクノロジーの中でも、2020年には非凝縮型セグメントが市場を独占

テクノロジーに基づいて、市場は凝縮型と非凝縮型に分類されています。2020年には、非凝縮型ボイラーが業務用ボイラー市場を支配しました。凝縮型ボイラーは、設計方法や運用方法、既存のボイラーの効率にもよりますが、標準的なボイラーシステムに比べて、建物の定常的な暖房効率を6%から18%向上させることができます。

容量のうち、10MMBtu/hr未満のセグメントが2020年の市場を支配

容量に基づいて、市場は10 MMBtu/hr未満、10~50 MMBtu/hr、および50 MMBtu/hr以上に分類されます。10 MMBtu/hr未満のセグメントは、設置が容易であることや、既存のものと比較して費用対効果が高いことから、予測期間中に大きな成長が見込まれています。ボストンにある32階建て、90万平方フィートの複合高層ビルの開発者は、6台の凝縮型ボイラーと2台の従来型ボイラーのハイブリッド構成を導入しました。

エンドユーザーの中でも、病院のエンドユーザーセグメントが2020年の市場を支配

エンドユーザータイプに基づいて、市場はオフィス、病院、教育機関、宿泊施設、その他に分類されます。現在、病院分野が市場を独占しています。これは、高度な医療インフラへの投資が増加しており、それに伴い、医療施設では、室内空間の必要な暖房操作を機能させるために、ブロワーやガイザーなどの熱システムの需要が増加しているためです。

世界の業務用ボイラー市場では、アジア太平洋地域が最大の市場となっている

地域に基づいて、世界の業務用ボイラー市場は、北米(米国、カナダ、その他の北米)、欧州(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、その他の欧州)、アジア太平洋地域(中国、日本、インド、オーストラリア、その他のAPAC)、その他の地域に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]