乳製品加工装置市場、2021年~2027年の間CAGR5.5%で成長、2027年に144億米ドル規模到達見込み

市場の概要

乳製品加工装置市場は、2020年に100億米ドル規模に達しました。市場は2021年~2027年の予測期間中5.5%のCAGRで成長し、2027年には144億米ドル規模に達すると予測されています。

低温殺菌装置、ホモジナイザー、ミキサー&ブレンダー、セパレーター、エバポレーター&ドライヤー、メンブレン・フィルターなどの乳製品加工装置は、ミルクを加工した後の様々な乳製品を補助するために広く使用されています。この種の装置は、牛乳やその製品の保存性を高めるだけでなく、食中毒の影響を評価することもできます。これらの自動運転装置の主な用途には、加工乳、乳製品、バター・バターミルク、チーズ、粉ミルク、タンパク質原料などがあります。乳製品加工装置の需要は、ヨーグルト、チーズ、粉ミルクなどの乳製品およびその副産物の生産量と消費量の増加、および乳製品製造の自動化に対する需要の高まりを受けて増加しています。

タイプ別では、低温殺菌装置セグメントが主要なシェアを占める

タイプ別に、市場は低温殺菌装置、ホモジナイザー、ミキサー&ブレンダー、セパレーター、ドライヤー、メンブレン・フィルターに分類されています。2020年には低温殺菌装置セグメントが市場を独占し、予測期間中には有利な成長が見込まれています。低温殺菌プロセスでは、牛乳を沸点以下の温度に加熱し、存在する可能性のあるすべての病原菌が死滅するまで保持します。米国食品医薬品局によると、低温殺菌されていない牛乳は、深刻な健康被害をもたらす可能性があります。殺菌は、製品をより安全に消費できるようにするだけでなく、保存品質を向上させます。さらに、長期間にわたって良好な風味を維持するのにも役立ちます。技術の進歩により、消費電力が低い低温殺菌装置も登場しています。

用途別では、加工乳セグメントが主要なシェアを占める

市場は用途別に、加工乳、生鮮乳製品、バター・バターミルク、チーズ、粉ミルク、タンパク質原料に分類されます。加工乳セグメントは、2020年に市場を支配し、予測期間中に有利な成長が見込まれています。加工乳または低温殺菌乳は、145°F以上で30分間、または161°F以上で15秒間加熱されます。その後、殺菌された状態で包装されます。精製された牛乳のもう一つの形態は、超低温殺菌乳です。牛乳は最低でも280°Fの温度で2秒間加熱され、その後、ほぼ無菌状態で包装され、病原菌が再び牛乳を汚染できないようにしています。加工されていない牛乳は、結核、ブルセラ症、ジフテリアなど、牛乳を媒介とする多くの病気の原因となります。WHOによると、結核は世界のトップ10の死因の一つであり、単一の感染症による死因としてはHIV/AIDSよりも上位に位置しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]