クラウドPBX市場、2030年末までに683億米ドル規模到達見込み

ホテル経営者はCOVID-19からの復興の中で明確なコミュニケーションを可能にするためにクラウドPBXを採用

クラウドPBX市場の企業は、COVID-19の発生中および発生後も利益を上げています。ほとんどの企業が在宅勤務制度を利用して遠隔地で仕事をしているため、クラウドPBX(Private Branch Exchange)の需要は2020年に急増しました。インドや米国などではオフィスが再開されていますが、サウジアラビア、フランス、ドイツ、スペインなどでは、パンデミックの対策が課題となっています。

ネットワークゲートウェイ機器を開発しているNomadix社(カリフォルニア州)は、ホテルでの通信を確実かつ明瞭にするための新しいクラウドPBXサービスで評価を得ています。ホスピタリティ業界では、コロナウイルスのパンデミックによる問題を解決するために、ホテル経営者は品質と安全性を損なうことなくコストを削減するためにクラウドPBXソリューションを採用しています。このことが、2020年から2030年の予測期間中のクラウドPBX市場を牽引すると考えられます。

社内の知識と適切なサポートパートナーがクラウドへの移行を容易にする

クラウドPBX市場は、2030年末までに683億米ドルの規模に達すると予測されています。しかし、従来型のPBXからクラウドへの移行には、適切なリソースの連携の認識や帯域幅の制限など、共通の課題があり、市場の成長に影響を与える可能性があります。そのため、ユーザーの社内知識を高めるための従業員教育や、企業ネットワークの高品質な接続を確保するための適切なサポートパートナーとの連携が求められています。

BFSI、小売、政府機関などのステークホルダーにとって、サイバー攻撃の脅威からの防御は最優先事項となっています。クラウドPBX市場の企業は、この問題を利用して、ソフトウェアソリューションの提供を拡大しています。

統合コミュニケーションプラットフォームがクラウドPBXの次のステップへ

クラウドPBX市場は、予測期間中に14%という驚異的なCAGRで成長すると予測されています。ソフトウェア開発者は、さまざまなコミュニケーションツールを1つのパッケージに統合する新しい統合プラットフォームを開発しています。Nextiva、RingCentral、Avaya、GotoConnectなどの企業は、統合されたクラウドPBXプラットフォームで評価を得ています。

クラウドPBX市場における人工知能(AI)や学習アルゴリズムの普及は、企業に長期的なビジネスチャンスをもたらしています。最新のチャットボットは、音声合成、感情分析、自然言語処理などの有望な機能を備えています。これらの技術は、会話の書き起こし、発信者の質問内容の特定、その質問の背後にある意図の理解に使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]