ウィケットバッグ市場、2028年までCAGR 4.3%で拡大見込み

市場の概要

2020年から2028年までの予測期間中、ウィケットバッグの市場規模は、4.8%のCAGRで拡大すると予測されています。

軟質及び透明包装による食品の美的な提供に対する需要の高まりが市場を牽引すると予測されています。

従来の包装材と比較して、柔軟な包装材が持つ化学的特性により、耐久性に加えて持続可能性があるという多くの利点があります。さらに、軟質包装材は製造時に消費される原材料の量が少なく、エネルギー使用量が削減され、廃棄物の発生も比較的少なく、二酸化炭素排出量も少なくなります。

世界各国の政府は、プラスチック素材のリサイクル性と再利用性に関する厳格な政策の策定に注力しています。このような法律の制定により、将来的には持続可能な軟質包装の需要が高まることが予想されます。PETプラスチックは他のプラスチックに比べて持続可能性が高いと考えられているため、PET製のウィケットバッグは2028年までにCAGR 4.3%で拡大すると予想されています。

COVID-19の中で、専門チームがビジネスの継続性を確保

コロナウイルスの危機は、世界の社会、経済、そして様々なエンドマーケットに迫り続けています。Spectrum Plastics Group(SPG)のようなウィケットバッグ市場の企業は、この状況に対処するため、COVID-19対応チームを設置し、事業継続を確保するための包括的な行動計画を策定しています。これらの計画により、メーカーは政府機関が発行するガイドラインを遵守しながら、需要と供給の不確実性に備えることができます。

世界保健機関(WHO)や米国疾病予防管理センター(CDC)が発行したガイドラインを遵守するために、ウィケットバッグ市場のメーカーは、商品の生産や包装のためのグローバルな事業活動において保護措置を採用しています。潜在的なCOVID-19ワクチンは、製造施設を再開し、事業活動を正常に戻すことが予想されます。

静電気の問題を解決し、生産プロセスを最適化する帯電防止システム

ウィケットバッグは、食品、繊維、医薬品などの用途に広く使われています。しかし、製袋工程では、静電気が原因で多くの問題が発生します。そのため、ウィケッドバッグ市場のメーカーは、低速機に静電気防止システムを導入しています。また、高速機の場合は、生産工程を最適化するために静電気制御システムを利用しています。

ウィケッドバッグ市場の企業は、自社の信頼性を高めるためにイノベーションに注力しています。紙・包装ソリューションのスペシャリストであるMondi Groupは、プラスチック素材に代わる紙製の「エコウィケットバッグ」を発表しました。また、消費者は、地球環境におけるプラスチック廃棄物の増加を意識するようになっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]