ゴム手袋市場、2020年から2030年までCAGR 8.5%で拡大見込み

生分解性の特許素材がコロナウイルス流行後のビジネスを復活させる

コロナウイルスの大流行により、ゴム手袋の需要はかつてないほど高まっています。Meditech Gloves社などのゴム手袋市場の企業は、英国クランフィールド大学の科学者と協力して、石油由来のゴムに代わる天然の生分解性ゴム手袋を開発しています。ラテックス手袋の持続可能性は、メーカーにとって重要な要素となっています。このような技術革新により、世界中の医療・環境関連の廃棄物が削減されています。

ゴム手袋市場のメーカーは、COVID-19のパンデミックが続く中、エンドユーザーの需要に応えるため、猛烈なスピードで生産を拡大しています。医療、接客、食品業界では、衛生と除菌に対する意識が高まっており、手袋メーカーは安定した生産能力を確立しています。また、メーカーは信頼性を高めるために、特許取得済みの素材の研究開発を進めています。

ラテックス手袋とラテックスフリー手袋―どちらが良いか?

天然ゴム製のラテックス手袋は、患者や医療従事者の感染リスクを軽減するために、手術室で確固たる地位を築いています。これらの手袋には、周術期の患者の手術部位感染や重篤な合併症を減らすために、コーンスターチの粉末がまぶされています。しかし、ラテックスアレルギーは、不快感や不便さをもたらす問題として浮上しています。そのため、ゴム手袋市場のメーカーは、ラテックスフリーの手袋の提供を増やしています。

ラテックスアレルギーは、臨床医の生産性を低下させ、医療施設の財政負担を増大させ、生命を脅かす可能性もあります。しかし、ラテックスフリーの手袋は、ラテックス製の手袋に比べて手先の器用な動きや耐久性の点で劣ります。そのため、ゴム手袋市場のメーカーは、ラテックス手袋とラテックスフリー手袋の長所と短所を比較検討し、それに応じた生産計画を立てています。

医療業界で好まれるハイブリッドビニールニトリル手袋の重厚な構造

ハイブリッドビニールニトリル手袋は、世界のゴム手袋市場を席巻しています。このことは、2020年から2030年までの予測期間中に市場が8.5%の良好なCAGRで拡大すると予測されていることからも明らかです。英国を拠点とする業界特化型使い捨て安全手袋メーカーのUnigloves社は、従来のビニール製手袋に比べて優れた快適性と器用さを提供するハイブリッドビニールニトリル製手袋で人気を博しています。

ゴム手袋市場の企業は、ラテックスフリーおよびパウダーフリーのハイブリッドビニールニトリル手袋の生産能力を高めています。食品および医療グレードのハイブリッドビニールニトリル手袋は、その重厚な構造と長持ちする特性で高い評価を得ています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]