都市鉄道輸送市場、2021年から2031年にかけて約3%のCAGRで拡大見込み

都市鉄道輸送市場の概要

都市鉄道輸送市場は、都市部の交通渋滞解消に向けた政府支出の増加により、2021年から2031年の予測期間中に約3%のCAGRで拡大すると予想されています。世界の主要都市では、都市部に都市鉄道輸送システムを導入し、通勤者の自由な移動を可能にすることで、交通渋滞を回避し、都市生活をより簡単で快適なものにしています。したがって、これらの要因は、予測期間中、世界の都市鉄道輸送を牽引すると予想されます。

2017年、地下鉄は世界178都市で約530億人の乗客を運んでいます。自家用車1台につき、平均1.3人の乗客が乗っていると考えると、地下鉄は毎日1億3,300万台相当の自動車を都市の道路から排除していることになります。

完全に自動化された地下鉄では、このようなメリットがさらに大きくなります。今後5年間で、新しい地下鉄路線の設計は完全自動化が主流になると予想されています。

都市鉄道輸送市場の成長要因

モビリティ分野のトレンドは、日々の移動をよりシンプルに、より速く、より柔軟に、より信頼性の高いものに、より手頃な価格でするためのソリューションを必要としていることに特徴づけられます。都市や国民経済は、交通機関のコスト、スペース、騒音、CO2排出量を削減するという課題に直面しています。都市の人口は継続的に増加し、それに伴って安価で環境に優しく、高速な都市鉄道輸送システムが必要になると予想されるため、都市鉄道輸送のプロバイダーや政策立案者には、こうしたモビリティや輸送ニーズを満たすことが求められています。

都市鉄道輸送市場の課題

COVID-19のパンデミックは、世界経済に悪影響を及ぼし、世界の都市鉄道輸送のサプライチェーンを混乱させ、大きな経済的不確実性をもたらしました。都市鉄道輸送の製造活動は、4月の最後の週から5月までの数週間、大幅に縮小または停止されました。しかし、プロジェクト実行の遅れやCOVID-19以降の都市鉄道車両の原材料価格の上昇により、都市鉄道車両プロジェクトのコストが上昇しました。これらの要因は、都市鉄道輸送市場の妨げとなっています。

都市鉄道輸送の市場区分

世界の都市鉄道輸送市場は、鉄道タイプ、自律性、自律性レベル、地域に基づいてセグメント化されています。

都市鉄道輸送市場の競争状況

世界の都市鉄道輸送市場で活躍する主要な企業は以下の通りです。

・CRRC Corp Ltd.

・Alstrom

・Larsen & Toubro Limited

・シーメンスAG

・川崎重工業株式会社

・日立製作所

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]