血液解凍システム市場、2030年に4億米ドル規模到達見込み

COVID-19の不確実性を克服するための輸血方法に関する専門家の意見

COVID-19パンデミックは、輸血に大きな影響を与えています。献血の減少、需要の不確実なパターン、病気や公衆衛生上の制限による重要なスタッフの不足などが、血液解凍システム市場を苦しめています。そのため、市場の関係者や医療関係者は、緊急時の計画を立てたり、業界の動向を把握するために進化した出版物を参照したりして、緊密に連携しています。

臨床医と血液解凍システム市場の企業は、ハイリスク患者の重要なニーズを満たすために十分な血液ストックを維持するために、需要と供給の動向を注視しています。ステークホルダーは、世界中の輸血専門家をサポートするための実践的なガイダンスを臨床医に伝えています。製品やサンプルが不足する可能性がある場合や実際に不足している場合に、輸血の実施に関する専門的な意見を提供しています。

細胞培養におけるDMSOの欠点を克服したGMPクレーム対応の製剤

血液解凍システム市場は、2030年には4億米ドル規模に達すると予測されています。しかし、企業にとっては、凍結保存の課題を克服することが重要になっています。細胞培養プロセスにおける問題が、凍結保存技術の進歩に影響を与えています。そのため、無血清製剤や化学的に定義された製剤が、凍結保存プロセスにおけるDMSO(ジメチルスルホキシド)に取って代わりつつあります。

残留DMSOは、その毒性のために、細胞培養のための凍結保存の課題となっています。そのため、血液解凍システム市場の企業は、細胞培養に害を及ぼさない可能性のあるGMP(Good Manufacturing Practice)準拠の処方に対する意識を高めています。

FDA、CEマーク付きの乾燥血漿解凍剤がFFPに好まれている

ドライプラズマ解凍製品の市場価値は、ウェットプラズマ解凍機と比較して、予測期間中に指数関数的に成長し、大きな収益シェアを持つと予測されています。ZipThawTM 202は、エラーの減少、コスト削減、製品の無駄の削減などの利点があり、血液解凍システム市場で認知されています。メーカーはこのような製品からヒントを得て、軽量で使いやすいドライプラズマ解凍製品の供給を増やしています。

血液解凍システム市場のメーカーは、FDA(Food & Drug Administration)承認、CEマーク、ISO認証、ULリスト入りの血漿解凍装置を開発し、その信頼性を高めています。新鮮凍結血漿(FFP)や、瀉血後24時間以内に凍結した血漿の解凍などの用途が、製品メーカーの収益源となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]