スーパーフードとして人気のタイガーナッツミルク市場、2030年までに9億9,330万米ドル規模到達見込み

コロナウイルスを防ぐためには、体を動かしながら栄養を摂ることが大切

COVID-19が国際社会に衝撃を与えた後、簡単で手頃な価格の健康的な食事が消費者のライフスタイルになりました。摂取した食物は、病気と闘ったり、感染症から回復したりする人体の能力に影響を与えます。そのため、タイガーナッツミルク市場のブランドは、パンデミックの間、最適な健康状態を維持するために、バランスのとれた食事と適度な運動をすることへの意識を高めています。

コロナウイルスにさらされるリスクを減らすためには、栄養状態を良くすることが重要であると言われています。タイガーナッツミルク市場のメーカーは、高血圧、糖尿病、肥満などのハイリスクな患者をターゲットにして、製品の売上を伸ばしています。タイガーナッツミルクはまだ市場で認知されていませんが、メーカーは製品の普及を促進するためにマーケティングキャンペーンを行う必要があります。

スーパーフードとして人気を博すタイガーナッツミルク

タイガーナッツミルク市場は、2030年までに9億9,330万米ドルの収益に達すると予想されています。しかし、タイガーナッツには、不快なガスや鼓腸などの副作用があります。そのため、メーカーはクリーンラベルを使用して製品の成分に注意を喚起し、消費者の有害事象を防ごうとしています。

タイガーナッツミルクは、従来の牛乳の代替品として登場しています。植物性ミルクの供給と消費は、タイガーナッツミルク市場のメーカーにとって重要な推進力となっています。さらに、タイガーナッツ飲料は、その優れた栄養学的品質により、スーパーフードとして考えられています。

高圧処理でタイガーナッツミルクの自然な特性を維持

植物性乳製品の製造には、革新的な食品加工技術が用いられています。牛乳に対するアレルギー、乳糖不耐症、高コレステロール血症などがタイガーナッツミルク市場の成長を促しています。このため、タイガーナッツミルク市場は、2020年から2030年の予測期間中に8.1%の良好なCAGRで上昇すると予測されています。

乳製品以外の植物性飲料は、健康増進効果のある生理活性成分を多く含んでいるため、代替品として有用です。このような特性は、タイガーナッツミルク市場のステークホルダーにとって有益です。しかし、タイガーナッツミルクを熱処理すると、タンパク質の消化率が低下し、熱に弱い成分が分解される傾向があります。そのため、メーカーはタイガーナッツミルクの自然な特性を維持するために、高圧処理や高圧ホモジナイズなどの高度な飲料加工技術を採用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]