動物用医薬品調合市場、2030年に17億米ドル規模超過見込み

COVID-19が流行する中、非食用動物に対する動物の種類ごとの処方が重要になる

FDA(米国食品医薬品局)によるガイダンス改訂案は、非食用動物に対する動物の種類ごとの処方を支持しています。しかし、COVID-19パンデミックをめぐる不確実性の中で、動物用医薬品調合市場に属する企業がこの変化に対応することは比較的困難です。

COVID-19の流行が続いている間、経済を維持するために、動物用医薬品調合市場における企業は、食用動物用の解毒剤を調合するために生産能力を高めています。また、家畜やペットの飼い主は動物の健康に気を配っているため、メーカーは原薬から始めるのではなく、FDAで承認された薬を出発点にしてイノベーションを起こすことが求められています。

馬用医薬品の調合に関する教育の不足が市場の成長を阻害

動物用医薬品調合市場は、2019年の10億米ドルから、2030年には17億米ドルを超える成長を遂げると予測されています。しかし、馬用医薬品の調合は、教育の不足により獣医師や調合師にとって課題となっていることがわかっています。そのため、調合薬局向けの総合的なリソースを提供するPCCAは、動物用医薬品調合市場に参入している企業によるカスタム馬用医薬品の開発を支援しています。

獣医師と調合師は、馬術競技に参加する馬のために発行されたガイドラインを認識しつつあります。国際レーシングコミッショナー協会(RCI)と米国馬術連盟(USEF)の厳格なルールは、馬の生活の質の向上に役立っています。メーカーは、成長機会を得るために、鎮痛剤、興奮剤、リラックス剤などの革新を進めています。

エキゾチックアニマル向け調合剤の革新を支援する成分提供企業

動物用医薬品調合市場に参入している企業は、動物用医薬品の調合をサポートするために、化学品や消耗品のフルラインを維持する努力をしています。医薬品原料のサプライヤーであるLetco Medical社は、どのような動物にも適切な調合を見つけることができる処方データベースを保持していることで評価を得ています。動物用医薬品調合市場のメーカーは、動物用医薬品の調合をサポートするAPI、ベース、フレーバー、処方を提供する成分サプライヤーと密接に連携しています。

メーカーは、市場での信頼性を高めるために、品質保証と厳格な基準への準拠に注力しています。犬や猫以外にも、馬や鳥、その他泳いだり飛んだりするエキゾチックな動物のための調合能力を高めている企業もあります。

動物用麻酔薬、疼痛管理薬の革新が市場の成長を促す

動物用医薬品調合市場では、M&Aなどの無機的な戦略が重要視されています。PCAB®認定の調剤薬局であるWedgewood Pharmacyは、Wildlife Pharmaceuticals, Inc.とその子会社であるZooPharmの買収を発表し、動物用麻酔薬や疼痛管理薬の革新的な製品で新たな機会を活用しています。

動物用医薬品調合市場のメーカーは、生息する野生動物、非家畜、コンパニオンアニマル、飼育されている外来種などへの対応を拡大しています。また、企業の信頼性を高めるために、チームの開発、リソースの調整、顧客関係の拡大に力を入れています。企業は、水族館、野生動物管理団体、保護施設、個人の牧場を管理するための特殊な薬を開発するための研究開発に力を入れています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]