農業用微量栄養素市場、2030年末までに104億米ドル規模到達見込み

COVID-19の大流行で、堅牢な零細企業の生産システムが強力な栄養補給手段として登場

COVID-19のパンデミックは、開発途上国の食糧システムに瞬く間に影響を与えました。人や物の移動が制限され、市場へのアクセスが損なわれています。このような不確実性の中で、政府は生産の多様化を優先することで、人々の食料と栄養を守るための戦略を採用しています。このような傾向は、農業用微量栄養素市場における企業に収益機会をもたらしています。

農業用微量栄養素市場のメーカーは、農家や販売者に対して、小麦、トウモロコシ、ジャガイモ、サツマイモなどの栄養価の高いバイオ強化作物の販売を促進するよう働きかけています。COVID-19の流行により、人々は微量栄養素を豊富に含む食品を意識するようになりました。現地での強力なマーケットチェーン、商業利用の拡大、小規模農家の生産システムにより、バイオ強化作物は栄養摂取のための強力な手段となっています。

大規模な食品強化がインドの微量栄養素欠乏症に貢献

農業用微量栄養素市場は、2030年末までに104億米ドルの規模になると推定されています。しかし、インドのような発展途上国では、微量栄養素の欠乏に対処することが課題となっています。例えば、石油や塩の業界は比較的統合されており、大手企業が生産量の40%以上のシェアを占めていますが、米や小麦の業界は比較的細分化されているため、食品の栄養強化には課題があります。これらの課題を克服するために、各社は微量栄養素の欠乏に対処するための大規模な食品強化に注力しています。

インドの農業システムから民間部門の投資と中間業者の排除を目的とした新しい農業法案は、農産物の流通と価格設定の改善を促進するために、農業用微量栄養素市場の企業にとって有望な可能性を秘めています。

小麦への亜鉛のバイオ強化による収穫量の向上とシリアルベースの栄養状態の改善

亜鉛のバイオ強化は、人間の健康における亜鉛の欠乏に対処するための適切なソリューションとして浮上しています。このことから、農業用微量栄養素市場は、2020年~2030年の評価期間中に8%という健全なCAGRで成長すると予測されます。しかし、水田と小麦の輪作は、土壌の成長や地下水位の低下、新たな微量栄養素の欠乏の原因とされています。小麦は遺伝子型に依存し、環境と相互に作用し合うため、これらの課題を克服するための解決策として、亜鉛のバイオ強化が登場しています。

亜鉛は葉面散布され、穀物ベースの栄養を改善するために土壌に導入されています。農業用微量栄養素市場の企業は、農家や生産者に対して、小麦の特定の重要な成長段階で微量栄養素のバイオ強化を可能にすることを奨励しており、これにより収穫量の向上に貢献しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]