放射線性直腸炎市場、2030年に7億4,850万米ドル規模到達見込み

COVID-19パンデミックで患者の免疫力を高めるためのHBOTとビタミン剤の点滴

高気圧医学ソリューションなどの医療施設では、コロナウイルスのパンデミックのリスクを軽減するために、すべての患者に清潔で安全な環境を提供するための特別な予防措置を講じています。放射線性直腸炎市場のステークホルダーは、COVID-19の発生を受けて、免疫システムの強化に関連する高気圧酸素療法(HBOT)の利用可能性を高めるための努力をしています。

放射線性直腸炎市場の企業は、患者の免疫力を強化し、解毒に役立つビタミン点滴を安定的に供給しています。しかし、世界経済の減速は、医療機関の収益回収に影響を与えている可能性があります。したがって、ヘルスケア企業は、柔軟なビジネス戦略を採用し、バリューチェーン上のステークホルダーとチームを組んで、投資や製品発売を管理する必要があります。

HBOTの対照試験における不確実性の克服に役立つ代替試験デザイン

HBOTは、放射線毒性を治療するためのゴールドスタンダードとして登場しています。しかし、この治療法は、一過性の近視、疲労、気圧変動などの副作用と関連しています。さらに、重篤な症状を訴える患者は、ランダム化比較試験への参加を控えたり、試験に参加しないこともあります。そのため、放射線性直腸炎市場の企業は、研究機関と協力して、コホート内での試験の問題点を克服するために、代替の試験デザインを作成しています。

米国のFDA(Food & Drug Association)がHBOTを承認したことで、放射線性直腸炎市場の企業に新たな機会がもたらされています。2030年には市場規模が7億4,850万米ドルに達すると予想される理由はここにあります。

外用コルチコステロイドと止瀉薬が治療効果を高める

放射線治療技術の向上により、優れた放射線量の照射が可能になり、慢性および急性の直腸炎の症例を容易に減らすことができる可能性があります。このような進歩にもかかわらず、放射線毒性が高いため、2020~2030年の評価期間における放射線性直腸炎市場のCAGRは7%程度と予測されています。

放射線性直腸炎市場の医療従事者は、鉄代替療法に習熟しつつあります。メーカーは、外用コルチコステロイドやスクラルファート注射剤の生産能力を高め、止瀉薬治療の研究開発を強化しています。

腹腔内注射、人工肛門は医療機関にとって成長の機会となる

放射線性直腸炎市場の企業や医療機関では、経口治療以外にも、直腸からの出血が続く場合には、レーザーを用いた治療法を提供しています。臨床医は、手術療法の前にホルムアルデヒドの投与を試みています。医療従事者は、手術が必要な場合、患者に対して下行結腸または横行結腸切開術を行っています。放射線性直腸炎市場の企業は、ホルマリンの腹腔内注射の可用性を高めています。

寒冷療法やラジオ波焼灼療法(RFA)などの新しい方法が医療関係者の注目を集めています。人工肛門は、慢性放射線性直腸炎患者の直腸潰瘍を治療するための効果的で安全な方法として注目されています。人工肛門は直腸の出血を抑え、患者の痛みを効果的に和らげることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]