空気清浄機市場、2030年までに207億米ドル規模到達見込み

市場の概要

安全性と快適性に関する顧客の期待と消費力の増加が、2020年~2030年の予測期間における空気清浄機市場を押し上げると予測されています。

収益面では、空気清浄機市場は、2030年までに207億米ドルの規模に達し、予測期間中にCAGR(年平均成長率)8%で拡大すると予測されます。同市場では、携帯型の空気清浄機が主流になると予想されます。

空気清浄機はCOVID-19に対抗できるか?

空気清浄機は、家庭や限られた空間でウイルスや細菌などの空気中の汚染物質を減らすのに役立ちます。しかし、コロナウイルスから身を守るためには、携帯型の空気清浄機だけでは十分ではないことがわかっています。そのため、空気清浄機市場に属する企業は、空気清浄機とCDC(米国疾病対策センター)が推奨するその他の対策を組み合わせて、新型コロナウイルス感染症に効果的に対処することを意識しています。

中・低所得者層は不要不急の製品や機器にはお金をかけたがらないため、高所得者層は空気清浄機市場のメーカーにとって有利な機会となります。貿易や旅行の制限が緩和されることで、市場や世界経済の収益が増加することが予想されます。製造施設の再開は、サプライチェーンのハードルを下げるのに役立ちます。

HEPAベースの空気清浄機がクリーンな環境のためのゴールドスタンダードとして登場

空気清浄機は、ホコリやペットのニオイなどのアレルゲンを除去するために人気を集めています。しかし、空気清浄機は頻繁に掃除やメンテナンスをしなければならないという問題があります。また、ガスやにおいの除去については、完全な効果が得られない場合が多いです。そのため、空気清浄機市場のメーカーや新興企業は、HEPA(High Efficiency Particulate Air)ベースの空気清浄機の開発に力を入れており、クリーンな環境を確立するためのゴールドスタンダードとなりつつあります。

空気清浄機市場では、LGやFiltleteなどの企業がHEPAベースの空気清浄機の開発競争に参入しています。モバイルデザイン、エネルギー効率の高い性能、効果的なろ過メカニズムがユーザーに好まれています。メーカーは、効果的な空気ろ過技術の強力な研究基盤を得るために、空気品質の研究者とチームを組む必要があります。

空気清浄機の鍵となる竹素材と低エネルギープロファイル

持続可能性は、空気清浄機市場で急速に成長している現象です。OneLife、Luftqi、CleanAirZoneなどの空気清浄機は、水洗い可能なフィルターによりフィルター交換の必要性がないため、廃棄物を最小限に抑えることができると評価されています。メーカーは、竹などの持続可能な素材を使用した低エネルギープロファイルと環境に優しいハードウェアに精通しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]