セントラルラボ市場、2030年までに41億米ドル規模超過見込み

COVID-19の危機の中、研究所は物流パートナーと協力してビジネスの継続性を維持する

COVID-19パンデミックが続く中、セントラルラボ市場の企業は、ヒトサンプルの物流への影響や臨床キットの供給問題を最小限に抑えることができるかどうかを検討しています。セントラルラボのサポートサービスを提供しているLabConnect社は、物資の輸送コストが上昇していることから、物流業者や宅配業者と緊密に連携して代替輸送ソリューションを導入する努力をしています。

セントラルラボ市場のステークホルダーは、ネットワーク検査室と協力して、現在のコロナウイルスの状況を評価し、検査サービスへの潜在的な影響を計画しています。検査室ベンダーは、深刻な影響を受けたCOVID-19地域の事業継続計画を綿密にモニタリングし、更新しています。ステークホルダーは、スタッフと緊密に連携し、被験者のコンプライアンスを監視しています。

医師以外の医療専門家のトレーニングを追加することで、検査手順の成果が促進される

セントラルラボ市場は、2030年までに41億米ドルを超えると推定されています。しかし、セントラルラボの関係者は、複数の施設のサンプルが1つの検査室に届くまでに数日を要するなど、時間のかかるプロセスなど、多くの課題を抱えています。そのため、セントラルラボは地方の検査施設と責任を分担する一方で、検査手順を高速化するプロセスを採用するための研究開発を進めています。

一方、セントラルラボ市場におけるドイツの医療制度では、医療従事者が不足しているため、病院内の医師以外の医療専門家への医療サービスの請求が問題となっています。そのため、ドイツ臨床検査医学会(DGKL)は、病院での検査サービスの請求を容易にするために、医療専門家を対象とした臨床検査医のマスタープログラムで追加トレーニングを提供する取り組みを強化しています。

暗号化された接続によるリアルタイムの検査情報データポータルの安全性の確保

セントラルラボ市場は、2020年~2030年の予測期間中に6%の良好なCAGRを記録する見込みです。ユーロフィンズ・セントラル・ラボラトリーのような企業は、Fetchと呼ばれるリアルタイムのラボラトリー情報データポータルを利用して、治験施設やスポンサーが自分のユーザーアカウントでデータにアクセスできるようにしています。臨床検査の専門家は、臨床試験情報や認可されたデータレポートへの24時間365日の安全なアクセスを提供する努力をしています。企業はソフトウェア開発者と協力して、暗号化された接続で検査情報データポータルを保護しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]