ダイヤモンドジュエリー市場、2030年末までに970億米ドル規模到達見込み

COVID-19発生の終息とともにダイヤモンド価格が上昇

COVID-19の流行は、ダイヤモンドジュエリー市場にも大きな影響を与えました。COVID-19パンデミックの終息期にダイヤモンド価格が上昇する中、COVID-19に対する顧客の見方が変化したため、ダイヤモンドを取り扱う企業は採掘および取引活動を開始しました。そのため、ロシアをはじめとする世界各地の鉱山周辺のコミュニティでは、健康対策のための資金調達が行われています。

また、COVID-19のワクチンの可能性が注目されており、ダイヤモンドジュエリー市場の成長を後押しするものと期待されています。2021年4月には、インド国際ジュエリーショー(IIJS)などの注目イベントが開催される予定です。企業は労働者に定期的なCOVID-19検査を提供することで、鉱山の完全操業を維持する努力を増やしています。

大企業、中小企業の経営者にとってブランディングは重要な役割を果たしている

ダイヤモンドジュエリー市場では、大手企業も中小企業もブランディングが重要な要素となっています。しかし、ブランディングには高いマーケティングコストがかかり、そのコストが小売店、そして最終的には消費者に反映されるため、中小企業の経営に影響を与えています。そのため、ダイヤモンドジュエリー市場の小規模企業は、既存のブランド企業と競争するために、製品やデザインに優れた価値を見出しています。

中小企業の経営者は、ダイヤモンドジュエリーを提供しているブランド企業とは関係なく、すべてのダイヤモンドに共通するカット、カラー、クラリティ、カラットについての教育に力を入れています。ブランドのダイヤモンドが価値を維持できなかった場合に消費者が期待を裏切られたと感じた場合に備えて、ブランド企業であっても、会社の主張には注意を払う必要があります。

革新的なデザインと新しいトレンドがダイヤモンドジュエリー市場の成長を後押し

ダイヤモンドジュエリー市場では、フープピアスやチェーンジュエリーが新しいトレンドとなっています。COVID-19感染拡大による販売停止期間中も、その後も、カラフルで存在感のあるジュエリーがバイヤーの人気を集めており、多くの再販業者がYouTubeやソーシャルメディアを利用してビジネスを拡大する機会となっています。アーティスティックなジュエリーの革新的なデザインは、ハイエンドの消費者の注目を集めています。

ダイヤモンドだけで作られたリング、ダイヤモンドの新しいカット方法、ダイヤモンドの原産地を知るための研究費などが、企業のマーケティングやビジネス活動の一部を形成しています。例えば、スイスの高級ジュエラーであるShawishは、すべてダイヤモンドで作られた150カラットのダイヤモンドリングを発表しました。

ダイヤモンドの生産能力を最大化する切断ロボット

ダイヤモンドジュエリー市場は、2030年末までに970億米ドルの規模に達すると予測されています。ダイヤモンドジュエリー市場では、大量生産が可能な3Dジュエリープリントが急成長しています。しかし、3Dジュエリープリントでは、デザインを手作業で改良し、完璧に仕上げることができる熟練した職人が不足しています。

一方、カット技術の革新では、あらゆるダイヤモンドをカットできる高品質のダイヤモンドジュエリーを提供しているベルギーのブランドBaunatのFenixのようなロボットが登場しています。このように、ダイヤモンドジュエリー市場の大小を問わず、新たなチャンスを活かそうとする企業は、手作業ではカットできないあらゆるダイヤモンドのカットを可能にするカットロボットへの投資を計画することができます。

合成ダイヤモンドが本物のダイヤモンドを脅かす

本物のダイヤモンドが不足しているため、合成ダイヤモンドが本物のダイヤモンドジュエリーの販売を脅かしています。合成ダイヤモンドは本物のダイヤモンドに完全に取って代わることはできないため、ダイヤモンドジュエリー市場の企業は、本物のダイヤモンドが希少であることを利用して、自社製品の価格を高く設定しています。

インドの他にも、アフリカ、オーストラリア、カナダなどでも採掘が行われています。また、ラウンドカットのダイヤモンドや取り外し可能なダイヤモンドセットなど、ハイジュエリーの革新的な技術が消費者の注目を集めています。ダイヤモンドジュエリー市場では、芸術的なジュエリーが繰り返しトレンドになっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]