NGSサンプル調整市場、2030年までに41億米ドル規模超過見込み

企業がCOVID-19のウイルス変異を特定

シークエンスベースのサーベイランスは、コロナウイルスの新種やその他の未知の病原体を特定するための有効な手段として浮上しています。そのため、インドがCOVID-19ワクチンを導入したことで、NGSサンプル調整市場では、企業がこの株の変異を検出する必要性が低下しました。さらに、米国のバイオテクノロジー企業であるイルミナなどの企業は、公衆衛生当局や研究者に対して、世界的なウイルスの感染経路の追跡に関する貴重な洞察を提供し続けています。

NGSサンプル調製市場の企業は、ワクチンの効力に影響を与える可能性のあるウイルスの変異を特定するための取り組みを強化しています。また、COVID-19の治療薬として有望な可能性を秘めたスクリーンターゲットを創出するため、研究開発を強化しています。また、抗菌剤の耐性や呼吸器系の感染症を特定し、その特徴を明らかにしています。

学術団体との連携で技術革新が進む

次世代シーケンサ(NGS)は、研究目的で使用される技術から臨床診断に応用される技術へと進化し、大きな変化を遂げています。しかし、企業は、ライブラリ調製やさまざまな自動化戦略における欠点に直面しています。ピペッティングワークステーションは、ハイスループット処理を容易にしますが、手順中の柔軟性には限界があることがわかっています。そのため、小型化と投資コストの削減により大きな可能性を秘めたマイクロ流体ソリューションが登場しています。

マイクロ流体システムは、自動化のために使用されています。しかし、マイクロ流体システムは比較的新しく、商品化されているものはほんの一握りです。そのため、NGSサンプル調製市場の企業は、学術グループと提携してマイクロ流体システムやピペッティングワークステーションの分野を進め、ライブラリ調製プロトコルへの導入を評価しています。

コスト効率と迅速な結果をもたらすロボット機器

NGSサンプル調製市場における自動化により、関係者はコスト削減と生産性向上のためにロボット機器を利用しています。ライフサイエンス製品や新技術のプロバイダーであるBiocompare社は、コスト効率の高いプロセスの自動化を可能にするため、シーケンス手順にロボット機器を追加することに熱心です。

NGSサンプル調整市場は、2030年までに41億米ドルを超えると予想されています。これは、アイソレーションからライブラリプレパレーションまでの試薬処理において、自動化が強力なビジネス基盤となっているためです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]