エンドポイント検出・応答(EDR)市場、2030年までに138億米ドル規模超過見込み

COVID-19危機の中、サイバー攻撃を防ぐためにマルウェア検出ソリューションが人気を集める

洗練されたマルウェア検知機能により、企業はコロナウイルス危機の中、一般的なサイバーセキュリティの脅威からネットワークを守ることができました。リモートワークの増加に伴い、安全で信頼性の高いエンドポイントソフトウェアを提供するエンドポイント検出・応答(EDR)市場の企業に注目が集まっています。

在宅勤務ポリシーは、共有環境であるがゆえに、組織のネットワークの脆弱性を露呈させており、EDRソフトウェアの需要を喚起しています。保護されていないエンドポイントやセキュリティ侵害を防ぐために、エンドポイント検出・応答(EDR)市場の企業は、マルウェア検出ソリューションに新たな関心と採用を示している適切なターゲット顧客に到達するために、マーケティング能力を高めています。

実装上の課題、フルディスクエンクリプションの欠落がベンダーとの論争を生む

エンドポイント検出・応答(EDR)市場は、2020年~2030年の予測期間中に約21%の驚異的なCAGRを記録する見込みです。しかし、ユーザーは、導入時の課題や、フルディスクの暗号化ができない、高度な機能を利用するにはコストがかかるなどの問題に直面することがあります。そのため、クラウドベースで簡単に導入できるなどの利点により、高度な機能を含む機能のコストを下げることができるようです。ベンダーは、フルディスク暗号化を実現するために、第三者によるソフトウェアのセキュリティテストを実施しています。

エンドポイント検出・応答(EDR)市場に参入している企業は、人工知能(AI)や行動分析をソフトウェアに組み込んでいます。米国の多国籍サイバーセキュリティ企業であるPalo Alto Networks, Inc.は、高度な攻撃に対応できるCortex XDRシステムで評価を得ています。

ハイエンドのエンドポイントディフェンスで好まれる自動EDRソリューション

エンドポイント検出・応答(EDR)市場の規模は、2030年までに138億米ドルを超えると予測されています。サイバーセキュリティは、金融機関、政府機関、防衛省、医療機関などのステークホルダーにとって最重要課題となっています。サイバーセキュリティとアンチウイルスの多国籍企業であるKaspersky Labは、このようなニーズを認識し、コストを削減しながらハイエンドのエンドポイント防御を組み合わせたEDRソリューションを提供しています。

サイバー犯罪者の手口はますます巧妙化しており、既存の防御システムを回避することで、企業のあらゆる領域を危険にさらしています。そのため、エンドポイント検出・応答(EDR)市場の企業は、エンドポイントの完全な保護サイクルを示し、脅威を自動的にブロックできるソリューションを提供しています。日常的な自動化作業には、複雑な脅威の発見、優先順位付け、調査、無力化などが含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]