放射線皮膚炎市場、2030年末までに7億米ドル規模到達見込み

コロナウイルスの不確実性の中、コンティンジェンシープランで生産活動を推進

インドでのCOVID-19ワクチンの迅速な開発とテストにより、ヘルスケア企業がこの新型感染症を治療するための治療法を革新するストレスは軽減されました。しかし、消費者支出の増加に伴い、医療業界の収益は徐々に回復しつつあります。放射線皮膚炎市場の企業は、コロナウイルスの時代が続く中で、必須産業である医療に特別な政策が用意されていることを認識しつつあります。

個人消費の落ち込みにより、原材料の出荷遅延やサプライチェーンの混乱など、バリューチェーンに関わるステークホルダーに影響が出ています。そのため、放射線皮膚炎市場の企業は、生産や流通活動において柔軟性を保つための緊急時対応策を採用しています。また、放射線皮膚炎に必要な必須医薬品の供給ショックを避けるために、高い在庫レベルを維持しています。

新しい生体適合性と生分解性のあるナノ材料がドレッシングの革新に道を開く

放射線皮膚炎市場は、2030年末までに7億米ドルの評価額に達すると予想されています。メーカーは、高い伸縮性と柔軟性を備えた創傷被覆材の生産能力を高めています。しかし、これらのドレッシングは、場合によっては傷つきやすい皮膚を傷つけたり、浸軟を防止できないことがわかっています。このため、創傷治癒のすべての段階を調整するのに役立つ、新しい生体適合性および生分解性のナノ材料が必要とされています。

放射線皮膚炎市場の企業は、抗菌性や自己治癒力を備えたドレッシングを開発するために、研究開発力を高めています。

放射線皮膚炎の症状を改善するクリームの非ステロイド成分

乳がんなどの放射線治療を受けると、皮膚の炎症や治療部位の圧痛、肌の色の変化などの副作用が生じることがあります。これらの副作用を最小限に抑えるために、放射線皮膚炎市場のメーカーはコルチコステロイドのクリームや軟膏を開発しています。また、スクラルファートやヒアルロン酸の外用薬は、放射線皮膚炎の患者の症状を改善する可能性があります。

副腎皮質ホルモンのクリームや軟膏の外用剤では、トウキンセンカなどのハーブ成分が注目されています。患者は、クリームに含まれる非ステロイド系成分を好む傾向があります。このような理由から、放射線皮膚炎市場は、評価期間中に約5%の緩やかなCAGRで拡大すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]