スキンケア向け中国伝統医学市場、2030年末までに73億米ドル規模到達見込み

コロナウイルス発生時のビジネス継続に液体石鹸と手洗いが役立つ

コロナウイルスの発生により、スキンケア分野でも経済活動が停滞しています。そのため、スキンケア用漢方薬市場のメーカーは、パンデミックが続く中、個人にとって必須の商品となっている液体石鹸やハンドウォッシュの生産を急いでいます。CDC(米国疾病予防管理センター)などによる手洗いに関する勧告は、人々の関心を集めています。

2021年、漢方薬のスキンケア市場のメーカーは、展示会やプロモーションイベントが急増すると予想されます。このようなイベントは、オンラインで行うことができ、コスト効率が高く、eコマースによる製品販売を促進することができます。スキンケア企業は、事業の継続性を維持するために、リモートワーク戦略に適応しています。

ホルモンバランスの乱れを解消し、顔のニキビを軽減する鍼治療

鍼灸治療は元気になるイメージがあり、既存のメディカルプランと併用することで美肌効果が期待できます。しかし、感染症の可能性があることや、鍼の打ち方が悪いと痛みを伴うことなどの欠点があり、導入には限界があります。そのため、スキンケアのための中国伝統医学市場の企業は、鍼治療を試す前に皮膚科医の診察を受けることを意識しています。

美顔鍼は、ホルモンバランスの乱れなどの根本的な原因に対処することで、ニキビを改善することがわかっています。鍼灸院やウェルネススタジオでは、ニキビを最小限に抑えるために、個人の消化機能やホルモンバランスの乱れを改善するための治療法を提供しています。

湿疹を治療するための植物薬開発におけるTCMの利用

中国伝統医学(TCM)は、湿疹や食物アレルギーに対する安全で効果的な治療法になる可能性があります。メーカーは、収益源を広げるために、植物性医薬品の開発とそのメカニズムに関する研究開発を強化しています。スキンケアのための中国伝統医学市場のステークホルダーは、アトピー性皮膚炎における皮膚のかゆみや好塩基球の活性化を抑える効果のある鍼治療の利用を増やしています。

トリプルTCM療法は、患者の皮膚病変、かゆみ、睡眠不足を改善するために、入浴剤、クリーム、摂取可能な薬の形で公表されています。スキンケア用漢方薬市場の企業は、局所的な湿疹を治療するための新しいエモリエント剤の処方を革新しています。このことは、同市場が予測期間(2020年~2030年)中に8%の堅調なCAGRで成長すると予測されていることからも明らかです。

コストパフォーマンスに優れた漢方薬風呂が乾癬の症状を緩和する

漢方薬によるスキンケア市場は、2030年末までに73億米ドルに達すると予測されています。漢方薬風呂は、皮膚外傷の改善や免疫反応の調整を目的とした乾癬の治療薬として注目されています。この漢方薬は、他の治療法と併用することで、尋常性乾癬の患者に良い結果をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]