スーパーフードとして注目のタイガーナッツ市場、2030年に3億1,900万米ドル規模到達見込み

市場の概要

タイガーナッツの市場規模は2020年には1億5,300万米ドルでした。2030年には年率7.6%で3億1,900万米ドルに達すると予想されています。

食品業界は、小麦粉、オイル、ミルクなど様々な形態のタイガーナッツの需要が高いことから、2020年には市場シェアの68.5%を占めると推定されています。

有機タイガーナッツは、化学物質を含まない、健康的で自然な製品を求める消費者からの需要が高く、予測期間中に7.9%の高いCAGRで拡大すると予想されます。

米国のタイガーナッツ市場は、スーパーフードとしてタイガーナッツの人気が高まっていることから、予測期間中にCAGR 8%で成長すると予想されています。

米国や欧州などの既存市場では、消費者は、健康的な食生活の一環として、天然素材やオーガニック、植物由来などの付加価値の高い製品を購入する傾向にあります。

主な市場の動向

有機食品の需要拡大がタイガーナッツ市場を後押し:オーガニック消費の増加傾向は、オーガニックのバリエーションで入手可能な製品の市場成長に影響を与えています。オーガニック製品の登場により、食品・飲料業界では新たな市場が形成されています。経済的、社会的、技術的に有利な要因が、世界の有機食品分野の発展につながると考えられます。オーガニック製品の生産は、商品生産者に高収入をもたらすだけでなく、持続可能な開発を促進するため、メーカーにとっても多くのメリットがあります。自然で化学物質を含まない製品への需要が、有機製品の需要に影響を与えています。有機製品の消費傾向は、タイガーナッツ製品市場を押し上げると予想されます。

タイガーナッツの高い栄養価が販売促進につながる:タイガーナッツには、レジスタントスターチ、食物繊維、マグネシウムやカリウムなどの微量栄養素が含まれており、タイガーナッツを摂取することで直接的な健康効果を得ることができます。タイガーナッツは、食物繊維、ビタミン、ミネラルを豊富に含む塊状の食品で、食べる前にローストすることで抗酸化作用が高まり、栄養素の吸収率が向上します。また、消化を助ける不溶性食物繊維の良い供給源でもあり、膨満感を避けるために通常の食事に加えることができます。また、タイガーナッツは、抗生物質耐性のあるバクテリアを含む感染症と戦い、免疫システムの強化に貢献していると見られています。タイガーナッツにはこのような栄養上の利点があり、消費者の意識の高まりとともにタイガーナッツ市場は成長すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]