サージカルマスク市場、2030年までに60億米ドル規模到達見込み

COVID-19が流行する中、使い捨てのサージカルマスクが臨床家に音響効果をもたらす

コロナウイルスの大流行により、医療従事者や個人に対する個人防護具(PPE)の使用が重要視されています。これに伴い、特に医療施設ではサージカルマスクの需要がかつてないほど高まっています。サージカルマスク市場の企業は、この機会を利用して生産能力を高めています。インドのような人口密度の高い国では、臨床医が患者やその介護者の声をはっきりと聞き取ることができる使い捨てのサージカルマスクで、メーカーは売上を伸ばしています。

サージカルマスク市場では、多くのメーカーが使い捨てサージカルマスクの音響効果に注目しています。供給ショックを回避するために、メーカーは既存の呼吸器系疾患を持つ人など、COVID-19のリスクが高い人のケアパターンを評価する必要があります。

長時間のマスク着用は、認知機能の低下や皮膚刺激のリスクを高める

サージカルマスク市場は、2030年までに60億米ドルに達すると予想されています。予測期間中、コロナウイルスは常に進化しているため、メーカーは爆発的な収益成長が見込まれています。しかし、サージカルマスクの装着による副作用やリスクが売上に影響を与える可能性があります。例えば、マスクを長時間着用すると、認知機能の低下、頭痛、皮膚の損傷などのリスクがあります。そのため、サージカルマスク市場のメーカーは、オンラインや従来のメディアを利用して、マスクの脱着による頻繁な休憩、水分補給、スキンケアの習慣などについて意識を高め、マスク着用による悪影響を排除しようとしています。また、COVID-19ワクチンの可能性も、サージカルマスクの売上を鈍化させる原因になると予測されます。

材料科学の研究開発が活発化し、粘着性のあるN95マスクに革新が起こる

COVID-19のパンデミックをきっかけに、N95マスクの技術革新が進んでいます。例えば、材料科学の専門家であるAvery Dennis社は、Global Safety First(GSF)社と契約を結び、NIOSH認定を受けた粘着性のあるN95 ReadiMaskを発表しました。サージカルマスク市場のメーカーは、このような企業からヒントを得て、医療従事者や患者を保護するために重要性を増している粘着性のあるN95マスクに革新をもたらしています。

防曇マスクの密閉式ノーズピースは、臨床医にとって人間工学的に重要な要素

サージカルマスク市場の企業は、防曇性サージカルマスクの幅広いスタイルと機能に精通してきています。例えば、医療技術企業であるHalyard Health社は、医療従事者の特定のニーズを満たすために、防曇マスクに幅広い保護レベルを提供しています。このようなことから、予測期間中の手術用マスク市場では、バリア性の高い保護タイプのマスクが収益面で大きなシェアを占めることが予想されます。

サージカルマスク市場のメーカーは、革新的な素材を使用し、防曇性のあるサージカルマスクに超音波で接着されたアタッチメントを装着しています。また、顔の輪郭にフィットするように、マスクに密閉式のノーズピースを組み込んでいます。メーカーは、天然ゴムやラテックスフリーのマスクの生産能力を高めています。

COVID-19のような事態が起こると、再利用可能なN95マスクの需要が高まる

コロナウイルスの大流行により、環境中の廃棄物量の増加が問題となっている中、MITと米国Brigham & Women’s Hospitalのエンジニアチームは、再利用可能なN95マスクを発表し、注目を集めています。この技術革新は、パンデミック時に使い捨てのN95マスクの供給が不足したことから生まれました。サージカルマスク市場では、このようなイノベーションを参考にして、大学の研究者やシンクタンクと連携して再利用可能なN95マスクを設計する取り組みが活発化しています。

再利用可能なN95マスクは、ウイルスを含んだ粒子を除去する可能性があるため、医療業界に大きな変化をもたらすと予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]