硫黄肥料市場、2030年までに56億米ドル規模到達見込み

市場の概要

硫黄は、肥料市場において、第4の多量栄養素として認識されています。硫黄は植物の成長に欠かせない栄養素です。硫黄が欠乏した植物は、茎が非常に細くなります。また、硫黄が不足している作物は、葉が黄色くなりやすくなります。

硫黄肥料には、窒素利用率の向上、リン酸や微量栄養素の優れた吸収性、クロロフィルやタンパク質、オイル、ビタミンの生産量の向上などの利点があります。さらに、硫黄はタンパク質の形成、酵素やビタミンの生成を助けます。また、硫黄肥料は結節や種子の形成を促進し、冷たく湿った土壌条件でも生き残ることができます。

油糧種子・豆類用途セグメントで硫黄肥料の使用量が増加していることが、予測期間(2020年~2030年)中に世界の硫黄肥料市場を押し上げる主な要因となっています。

収益面では、世界の硫黄肥料市場は2030年までに56億米ドルに達し、予測期間中にCAGR約3%で拡大すると予測されています。

市場の動向

油糧種子や豆類における硫黄肥料の需要の高まりが主な成長要因

現在、硫黄肥料は主に油糧種子と豆類に使用されています。菜種などの油糧種子は硫黄肥料を大量に消費します。世界では、菜種は主に3,100万ヘクタール以上の土地で栽培されています。菜種はその組織や種子に高濃度の硫黄を含んでいます。そのため、潜在的な収量よりも硫黄の必要性が特に高いのです。したがって、硫黄の管理は菜種の生産において重要な役割を果たします。アジア太平洋地域では、硫黄の空中沈着量が減少しているため、硫黄欠乏症が増加しています。これにより、近い将来、油糧種子・豆類用途の硫黄肥料の需要が増加すると予測されています。

硫酸塩の用途の増加

タイプ別に見ると、2019年の世界の硫黄肥料市場では、硫酸塩セグメントが優勢でした。硫酸塩は、世界的に消費量の多い硫黄肥料です。植物が直接利用できるものですが、硫酸塩は溶出による損失を非常に受けやすいものです。この形態の硫黄は、根によって摂取されます。硫酸塩の肥料は、窒素やカリウムなどの他の栄養素と組み合わせて生産されることが多いです。

市場の競争状況

世界の硫黄肥料市場で活躍する主要企業は以下の通りです。

・Nutrien, Ltd.

・Yara International ASA

・EuroChemグループ

・Koch Industries, Inc.

・アブダビ・ファーティライザー・インダストリーズWLL

・クグラー・カンパニー

・デブコ・オーストラリア・ホールディングス・ピーティーイー・リミテッド

・Zuari Agro Chemicals Ltd.

・タイガー・サル・プロダクツLLC

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]