スマートラーニング・スマートエデュケーション市場、2030年までに9,847億米ドル規模超過見込み

市場の概要

インターネットの普及率とスマートフォンユーザーの増加が2020年~2030年の予測期間におけるスマートラーニング・スマートエデュケーションを推進すると予測されています。また、オンライン学習プラットフォームへの学習者の登録数の増加により、スマートラーニング・スマートエデュケーションのソリューションおよびサービスの需要が高まっています。さらに、発展途上国における大学の数の増加は、スマートラーニング・スマートエデュケーションの需要に影響を与えています。

世界経済フォーラムによると、COVID-19の期間中、世界で約12億人の子供たちが学校に通っていないと言われています。スマートラーニング・スマートエデュケーションは、オンライン教室を提供することで、学生が効率的に授業に出席し、遠隔地で調整を続けることを可能にします。テクノロジーを活用した大規模な取り組みが、スマートラーニング・スマートエデュケーション市場を後押ししています。

スマートラーニング・スマートエデュケーション市場の売上高は、2030年までに9,847億米ドルを超えると予測され、予測期間中のCAGR(年率)は約24%で拡大すると見込まれています。

市場の成長要因

Internet World Statsによると、世界のインターネットユーザー数は47億9,000万人となっています。世界的なインターネットユーザーの増加は、あらゆる分野に大きな変化をもたらしています。そのため、教育分野では従来の学習方法が変化し、それがスマートラーニング・スマートエデュケーションの需要を高めています。

スマートラーニング・スマートエデュケーションの技術は、電子メディアやリソースの助けを借りて知識を提供します。スマートラーニングの主な利点は、コース教材の購入におけるコスト要素を減らすことができるため、コスト効率が高いことです。オンライン学習では、すべての教材が無料です。

世界中の教室で、スマートラーニング・スマートエデュケーションソリューションの使用が普及しています。そのため、公立学校では、教育インフラを適切に変更する必要があり、それが今後数年間のスマートラーニング・スマートエデュケーションの需要を促進すると考えられます。そのためには、教師のスキルが不可欠な要素であると考えられています。

COVID-19がきっかけとなり、教育部門では、地域に根ざした学習をスマートな学習・教育へと転換しています。教育部門は、様々なeラーニング企業と合併し、学生が何の障害もなく学業を続けられるようになりました。スマートラーニング技術の主な利点は、学生がどこにいても、どんなデバイスでも講義を受けることができることです。また、学生が講義を録画することができ、何度も視聴することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]