RDPパウダー市場、2030年までに34億米ドル規模超過見込み

市場の概要

RDP(Redispersible Polymer)パウダーは、水と混合すると水の中で再分散して新たなエマルションを形成するポリマーエマルションパウダーです。RDPパウダーをモルタルに添加すると、モルタルの凝集力、接着力、柔軟性を高めることができます。RDPパウダーは、用途に応じてポットライフ、作業性、保水性、接着力、耐摩耗性、たるみ耐性を向上させます。

RDPパウダーは主に、壁パテパウダー、セラミックタイル接着剤、セラミックタイル接合剤、ドライパウダーインターフェイスエージェント、外断熱モルタル、セルフレベリングモルタル、メンディングモルタル、装飾モルタル、防水モルタルなど、あらゆる種類のドライミックスモルタルに使用されます。

排水・下水システムにおけるRDPパウダーの使用の増加と、農業分野におけるRDPパウダーのアプリケーションの増加が、予測期間(2020年~2030年)中に世界のRDPパウダー市場を押し上げると予想される主な要因です。

収益面では、RDPパウダーの世界市場は、2030年までに34億米ドルを超え、予測期間中にCAGR 7.5%で拡大すると予測されています。

市場の成長要因

RDPパウダーの防水・セルフレベリング用途での使用

RDPパウダーは、その優れた流動性や高い撥水性などの特徴から、防水材やセルフレベリング材、断熱材、セメント系石膏、グラウトなどへの需要が急速に高まっています。優れた流動性と高い撥水性を持つRDPパウダーは、セメント系建材の毛細管現象による吸水を低減します。これらの要因がRDPパウダーの市場を世界的に押し上げています。

また、優れた撥水性と疎水性を持つRDPパウダーは、収縮によって形成されるクラックの発生を抑えることができます。これらの要因がRDPパウダーの世界市場を押し上げています。

酢酸ビニル・エチレンの需要増加

消費面では、2019年の世界のRDP市場では、酢酸ビニルエチレンセグメントが大きなシェアを占めていました。酢酸ビニルエチレンセグメントは、高接着性、耐熱性、低VOC排出量、優れた耐スクラブ性などの特徴により、予測期間中に急速なペースで拡大すると推定されています。

アクリル系RDPは、主に防水・セルフレベリング用途に使用されています。アクリル系RDPパウダーは、優れた疎水性を持ち、スチレン・ブタジエン系RDPパウダーは、優れた耐凍性を持っています。アクリル系RDPパウダーは、材料の弾性率を低下させ、材料の弾力性や柔軟性を向上させます。

RDPパウダーの需要は、モルタルやセメントで増加すると予想されます。耐水性と機械的性能を向上させた耐久性のある建設資材への要求の高まりが、予測期間中の市場を押し上げると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]