港湾・物流機器車両市場、2030年末までに97億米ドル規模到達見込み

コロナウイルス発生時に自律型物流・搬送システムで企業を支援

COVID-19が流行している現在、企業にとって、人との接触を最小限に抑えて製品を輸送することが必須となっています。サンフランシスコを拠点とする新興企業Above Roboticsなどの企業は、コロナウイルスの感染拡大を抑えるために、自律型物流・輸送システムの販売を推進しています。このような動向は、港湾・物流機器車両市場の企業に新たな機会をもたらしています。

商社、倉庫、輸送業者は、自律的な物流機器車両に適応しつつあります。港湾・物流機器車両市場の企業は、自立走行車両が直接通信し、より少ない人数で商品を取り扱うことができるクラウドベースのソフトウェアの認知度を高めています。日本、韓国、その他のアジア地域の企業は、これらの進化したトレンドを意識しています。

AGVの欠点を克服し、直感的で柔軟な操作性を実現したAMR

AGV(Automated Guided Vehicle:無人搬送車)は、小売業や軍事、さらにはヘルスケアの分野でも導入が進んでいます。しかし、初期投資やメンテナンスコストの高さ、運用の柔軟性の低さなどが、港湾・物流機器車両市場の成長を妨げる要因となっています。そのため、機器車両メーカーは、自律移動型ロボット(AMR)、コンベアシステム、自動倉庫・検索システム(AS/AR)などの代替ソリューションの生産を増やしています。

港湾・物流機器車両市場は、予測期間中にCAGR5%で成長すると予測されています。直感的に操作できる自律型移動ロボットの革新は、在庫品の運搬や製品の仕分けにも関わってきます。

デュアルモード自律走行リフトトラックは様々な環境で動作する

ロボット、自動化、密閉型鉛蓄電池の技術がリフトトラックの革新を促しています。港湾・物流機器車両市場のメーカーは、顧客が高い運用効率を達成できるように、機器の設計や付加価値機能の研究開発を強化しています。そのため、自律走行型のリフトトラックは、技術的な進歩と革新のための重要な焦点となっています。

装置車両メーカーは、オペレータの有無にかかわらず機能するデュアルモードの自律型リフトトラックの提供を増やしています。これにより、様々な環境下で最大限の柔軟性を確立することができます。港湾・物流機器車両市場の企業は、デュアルモードの自律走行リフトトラックでの長距離走行と帰還を可能にする2D LIDARガイダンスの強力な研究基盤を獲得しつつあります。

港湾用タグボートが危険検知機能を備えた自律型船舶に変わる

自律型タグボートの技術テストは、船を遠隔操作するものから、船長のサポートツールとして船上でコンピュータ制御するものへと大きく変化しています。シンガポールでは、海事セクターのリーダーであるPSA Marine社が、PACC Offshore Services Holdings(POSH)と協力して、自律型船舶技術の海上試験を行うためのテストプログラムを完成させました。これは、港湾・物流機器車両市場の収益において、アジア太平洋地域が大きなシェアを占めると予想されていることからも明らかです。

港湾・物流機器車両市場は、2030年末までに97億米ドルの収益に達すると予想されています。港湾やコンテナターミナルでは、タグボートを衝突回避機能や危険検知機能を備えた自律走行型の船舶に改造しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]