オーガニックハーブエキス市場、2030年末までに84億米ドル到達見込み

マダガスカル産の植物エキスがCOVID-19の治療用カプセルとして注目を集める

マダガスカル産の植物抽出物は、コロナウイルスの状況下で人気が高まっています。オーガニックハーブエキス市場の製薬会社は、この機会を利用して、COVID-19の治療に有望な可能性を秘めたマダガスカル産植物エキスを使用したカプセルを製造しています。この傾向は、マダガスカルやその他のアフリカ諸国で顕著で、マダガスカル産の植物が豊富に存在します。アフリカのメーカーは、パンデミック時に収益機会を得るために、供給・輸出チェーンを強化することができます。このように、抗マラリア作用を持つ薬が、患者のコロナウイルスの治療のために非常に注目されています。このような要因が、オーガニックハーブエキス市場を牽引すると考えられます。

酵母エキスによる有害事象の防止に役立つクリーンラベル

オーガニックハーブエキス市場は、予測期間中に4.8%の良好なCAGRを記録すると予測されています。酵母エキスは、飲料やパンの香味料として、各メーカーが多様な生産を行っています。しかし、酵母エキスを使用した食品や飲料を摂取すると、多くの人が軽い顔面紅潮や頭痛を経験することがわかっています。そのため、メーカーは製品にクリーンなラベルを付けて、製品の成分を人々に認識してもらう必要があります。また、医学界と協力して、食品・飲料(F&B)製品における酵母エキスの合法的な使用方法を確立しています。

EUのオーガニック規制がF&B製品のイノベーションを後押し

オーガニックハーブエキス市場では、食品やエッセンシャルオイルの他に、化粧品やパーソナルケア製品でも収益機会があります。このため、オーガニックハーブエキス市場は、2030年末までに84億米ドルに達すると予測されています。メーカーは、F&B製品において、オーガニックや認定フレーバーの製品ポートフォリオを増やしています。ヨーロッパでのビジネスを拡大するために、企業はEUの有機規制を遵守し、F&B製品の革新を進めています。

健康・栄養分野がメーカーの安定した収益源に

植物エキスは、健康・栄養分野におけるイノベーションとして注目されています。アカシア、天然成分、植物エキスのサプライヤーであるNexira社は、製品に含まれるオーガニック成分やハーブ成分に対する意識の高まりを背景に、健康、栄養、F&B製品の分野でビジネスストリームを拡大しています。天然素材や高品質な製品に対する需要の高まりが、オーガニックハーブエキス市場の成長要因となっています。また、オーガニック成分の食生活へのメリットに対する認識が高まっていることから、クリーンラベル運動が市場の成長を促しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]