LNGエンジン市場、2030年末に26億米ドル規模超過見込み

COVID-19危機後の消費拡大で米国のLNG輸出量が急増

コロナウイルスの大流行により、ヨーロッパやアジアでガス価格が高騰したため、米国のLNG輸出も急増しました。米国のLNGエンジン市場では、これを機に過冷却燃料のサプライチェーンを強化しています。3月から8月にかけて消費が低迷していましたが、産業の本格化や個人消費の増加に伴い、メーカーは消費を拡大して損失を補っていると見られます。

LNGエンジン市場では、COVID-19問題の収束に成功した韓国で、LNGの輸入が順調に推移していることから、韓国でのビジネスチャンスが拡大しています。また、日本のようにクリーンな化石燃料への意識が高い国では、石炭からLNGへの移行を促しています。

年々変動する需要、代替ガス生産オプションが市場成長の妨げに

LNG供給システムは多くの国で急速に発展していますが、LNGサプライチェーンネットワークの最適化の難しさ、価格、需要の不確実性、代替ガス生産オプションなどの問題が立ちはだかっています。世界のLNGエンジン市場は、2030年末には26億米ドルを超えると予測されています。しかし、メーカーは変動する流通形態や年々変動する需要などの課題に直面しています。そのため、メーカーはダイナミックな需給構造を管理し、LNGの最適なサプライチェーンを決定する努力をしています。

燃費向上のため大型トラックに搭載されるディーゼルLNGエンジン

ディーゼル-LNG内燃機関は、小型および大型トラックで人気を集めています。このことは、LNGエンジン市場が評価期間中に6%という健全なCAGRで成長すると予測されていることからも明らかです。メーカーは、電気と水素の混合再生可能エネルギー経済への移行を目の当たりにしています。これに伴い、ディーゼル-LNG内燃機関の導入が進んでいます。これは、搭載されている燃料貯蔵装置と噴射技術が類似しているためです。

LNGエンジンを使用することで、排出ガスの低減と燃費の向上が可能になるため、大型トラックは、LNGエンジン市場の中でも特に成長性の高い分野となっています。停車していることが多い乗用車に比べて、常に移動している大型トラックにとっては、極低温であることを考慮すると、LNGはより現実的な選択肢であるといえます。

化石燃料から低炭素燃料への移行が進む海上輸送

海上輸送における脱炭素化の流れは、LNGエンジン市場の重要な成長要因となっています。パリ協定の目標達成に向けて、世界の人為的なGHG(温室効果ガス)排出量を現在の半分に削減する取り組みが強化されています。LNGは、MGO(Marine Gas Oil)やバンカー燃料と比較して、水素と炭素の比率が高いことから、海事分野での低炭素排出につながります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]