鉄欠乏性貧血治療市場、2030年に227億米ドル規模到達見込み

貧血とコロナウイルスの潜在的な関連性が医薬品の生産を誘発

鉄分代謝と貧血は、現在進行中のCOVID-19パンデミックにおける多臓器不全に重要な役割を果たしている可能性があります。鉄欠乏症の患者は、コロナウイルスの影響を受けやすくなります。そのため、鉄欠乏性貧血治療市場の企業は、薬局や病院での薬の供給ショックを避けるために、生産能力を高めています。また、病院のリソースを最適化し、公衆衛生上の推奨事項に関する意識を高めるために、リスク要因を特定する努力をしています。貧血とコロナウイルスとの関連性が指摘されていることから、製薬会社は医薬品などの生産能力を増強する必要があります。このことが、鉄欠乏性貧血治療市場を牽引すると考えられます。

発展途上国の栄養補給プログラムにおけるモニタリングの欠如が市場成長に影響

鉄欠乏性貧血治療市場は、2030年には227億米ドルに達すると予測されています。鉄欠乏性貧血は、発展途上国で働く女性の生産性を低下させ、年間数十億米ドルの損失をもたらすと言われています。そのため、製薬会社は、肉体労働者である女性の貧血を解消するために、鉄分の補給プログラムを実施しています。しかし、鉄分補給のアドヒアランスの低さ、隠れた症状、プログラムのモニタリング不足などが市場の成長に影響を与えています。そのため、企業は市場の成長を促進するために、頻繁に診療所を訪れ、サプリメントを適切に摂取し、プログラムのモニタリングを優先するように意識を高めています。

インド女性の貧血を撲滅する可能性を秘めた鉄・葉酸サプリメント

インドでは、女性人口の約半数が貧血であることから、鉄欠乏性貧血治療市場の製薬会社は、インドでの新たなビジネスチャンスを開拓しています。そのため、鉄欠乏性貧血治療市場は、評価期間中に9%の堅調なCAGRを記録すると予測されています。インドでは、貧血撲滅のために、鉄・葉酸のサプリメントが効果的な薬として注目されています。

硫酸第一鉄、2価の鉄塩が鉄サプリメントの革新を促進する

鉄分補給剤以外にも、鉄欠乏性貧血治療市場では、慢性疾患患者のための点滴治療が進歩しています。抗血小板剤、抗凝固剤、抗炎症剤を用いた鉄分補給の新たな可能性が、市場の成長を促進すると予測されます。メーカーは、硫酸第一鉄、グルコン酸塩、フマル酸鉄など、他の化合物に比べてバイオアベイラビリティが高いことを理由に、改良された製剤を開発しています。また、薬局やドラッグストアで比較的安価に購入できることから、2価の鉄塩を含む薬剤の開発が進んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]