がん温熱療法市場、2030年末までに2億6,600万米ドル到達見込み

COVID-19におけるがん治療のための遠隔医療への投資の増加

がん患者は免疫力が低いために感染のリスクが高く、コロナウイルス問題が続く中、医療費が増加していると考えられます。これは、臨床医が患者の治療へのアクセス性を高めるために、遠隔医療やその他のデジタルプラットフォームの能力を高めているためです。

病院や専門クリニックでは、潜在的なCOVID-19症状を持つがん患者を評価するための特別なスクリーニング部門を開発するための投資が増加しています。このような傾向は、がん温熱療法市場の成長を復活させるためのビジネスの流れを生み出しています。しかし、多くのクリニックでは、COVID-19のリスクが低い来院者の量を制限したり、排除したりしています。

科学者たちは、温熱療法技術のためにガラスセラミックスの望ましくない結晶相に対処する

がん温熱療法市場の企業は、患者のための新しい治療法の研究開発を強化しています。その結果、生体適合性、生体活性、骨伝導性などの利点を持つ温熱療法技術用のガラスセラミックスが登場しました。しかし、科学者たちは、材料に望ましくない結晶相が発生するのを防ぐ方法をまだ模索しています。企業は、研究者や科学者と協力して、熱処理中にマグネタイトが酸化してヘマタイトになるのを防いでいます。

がん温熱療法市場は、予測期間中に6%という良好なCAGRを記録する予定です。これは、温熱療法技術を用いたガラスセラミックスが、がん組織を破壊するのに十分な温度まで上昇させることができることから明らかです。

乳がん治療に期待される深部組織温熱療法

がん温熱療法市場は、2030年末までに2億6,600万米ドルに達すると予測されています。深部組織温熱療法は、乳がん患者を中心に、がん治療の分野で注目されています。米国メリーランド大学のMarlene and Stewart Greenebaum Comprehensive Cancer Center(UMGCCC)では、包括的かつ個別の温熱療法を行っていることが評価されています。このことは、北米が市場の全地域の中で最も高い収益シェアを持つと予想されていることから、医療技術企業が米国での成長機会を見出していることを示しています。深部組織治療は、治療効果を高めるために陽子線治療と併用されています。

超音波温熱療法装置は、がん患者の治療に品質保証を提供する

温熱療法は、がん治療に有効であることがわかっています。そのため、がん温熱療法市場の医療技術企業は、正確な熱線量測定を可能にするため、高品質の加熱装置の生産能力を高めています。これにより、がん患者の治療に十分な品質保証を提供するアンテナや電力供給システムの革新が実現しました。

高強度焦点式超音波(HIFU)、ナノ粒子加熱、走査型焦点式超音波(SFUS)の技術は、がん温熱療法市場の企業の収益源を広げています。そのため、超音波温熱療法装置は、全種類の装置の中で2番目に高い収益を占めると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]