炭化水素系溶剤市場、2030年末に81億米ドル規模超過見込み

EPA、COVID-19感染を防ぐための認証済みクリーニング製品を重視

COVID-19のパンデミックにより、洗浄剤や消毒剤が重要視されています。米国の環境保護庁(EPA)が示唆しているように、炭化水素系溶剤市場のメーカーは、このビジネスチャンスを利用して継続的なサプライチェーンを構築しています。彼らは、世界的なコロナウイルス感染のピーク時に、猛烈なスピードで製品を製造しています。このように、消費者が家庭、商業、工業空間での衛生や除菌に意識を向けるようになったため、クリーニング製品は炭化水素系溶剤市場の企業にとって長期的な収益源になると予想されます。

メーカーは、COVID-19感染症の殺菌に適しているとEPAが認定した製品のリストに自社製品を加える努力をする必要があります。

石油・ガス施設のタービンに蓄積したワニスの解決策が求められている

炭化水素系溶剤市場は、2030年末には81億米ドルを超えると予測されています。しかし、ワニスメーカーは、石油・ガス産業におけるタービンの熱劣化や酸化劣化に起因するワニスの蓄積という問題に対処する必要があります。そのため、ワニスメーカーは、定期的な分析の前にワニスの可能性を見極めるためのテストを行い、タービンユーザーにプロアクティブなメンテナンスツールを提供することで、認知度を高めています。

炭化水素系溶剤市場の企業は、紫外線(UV)から保護するワニスを製造しています。これらのワニスは、増加し続ける建築・建設用途に広く使用されています。

農薬の技術革新が遅れているため、殺菌剤の開発が進んでいる

炭化水素系溶剤市場は、評価期間中に4%の緩やかなCAGRで成長すると予測されています。これは、農薬の技術革新のペースが相対的に遅いためです。農薬に対する環境や人体への影響が懸念されているため、メーカーは植物の健康を促進する殺菌剤、作物形質、微生物製品などの研究開発を強化する必要があります。農業大手のバイエルも、農家の収穫量を増やすために、殺菌剤、作物形質、微生物製品に研究の重点を移しています。

炭化水素系溶剤市場のメーカーは、穀物、米、トウモロコシ、その他の作物の植物病害を軽減するための分子を開発しています。これらのメーカーは、長期的なビジネスチャンスを活かし、リーフスポットや大豆のさび病などの病害生物をターゲットにした製品を開発しています。

炭化水素系溶剤を含むバイオベースの原材料が塗料で注目されている

炭化水素系溶剤市場では、トルエンやキシレンだけでなく、バイオベースの原料にも注目が集まっています。例えば、炭化水素系の高付加価値な特殊製品や溶剤の国際的なサプライヤーであるHaltermann Carless社は、持続可能性の分野で優れた成果を上げるために、バイオベースの原料の研究開発を強化しています。

トルエンとキシレンは、プラスター、ファサードペイント、プラスチックラッカーなどで注目されています。しかし、炭化水素系溶剤の代替品として高純度パラフィンが登場しています。したがって、炭化水素系溶剤市場のメーカーは、売上を伸ばすために、バイオベースの原材料を使用した持続可能性に優れた取り組みを行っています。競争力を高めるために、認証、製造保証、品質管理について積極的に問い合わせています。

タイがゴム手袋製造の世界的な拠点に

炭化水素系溶剤市場の企業は、ポストコロナウイルス時代に新たな市場需要を創出し、価格を強化するために、ステークホルダーがゴム製品を革新することを支援しています。いくつかのプロジェクトが進行中で、その中にはタイでの研究助成やスタートアップ企業への資金提供も含まれています。ラバーバレーの提案は、タイのゴム公社によって検討されています。炭化水素系溶剤市場のメーカーは、この傾向を利用してビジネスを拡大しています。

COVID-19の流行期間中、一般的なゴムの消費量は減少しましたが、天然ラテックス手袋の需要は急増しています。今後、天然ラテックス手袋の輸出が増加することで、タイはゴム手袋製造の世界的なハブになると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]