湿度計市場、2030年に22億米ドル規模到達見込み

湿度が高いとコロナウイルスが減る?

気温が低く、湿度が低い国では、COVID-19の感染者数が最も多いことがわかっています。そのため、病院やさまざまなエンドマーケットの関係者が湿度計を購入し、理想的には9g/m3以上であるべき湿度レベルをチェックしています。このような傾向は、湿度計市場の企業に新たな機会をもたらしています。

研究室に所属する研究者や科学者は、コロナウイルスの病原体が高湿度下でどのように反応するかを評価するために湿度計を購入することが予想されます。政府機関は、ニュースチャンネルや新聞などの伝統的なメディアを通じて情報を発信し、人々のパニックを最小限に抑えるために、その洞察力を活用しています。そのため、湿度計市場のメーカーは、研究者の需要に応えるために生産能力を高めています。

クラス最高のシステム性能を提供するには、センサー技術の向上が不可欠

湿度計市場は、2030年には22億米ドルに達すると予測されています。しかし、技術者やメーカーは、高温・高湿度のリスクに直面し、センサー設計技術の障害となっています。そのため、企業は、外部の温度や湿度の変化にかかわらず正確なレベル測定を可能にするために、湿度センサーに線形応答性を持たせる努力をしています。

湿度センサーは、システムの性能を維持するために重要な、迅速な応答時間がないことが分かっています。そのため、湿度計市場のメーカーは、クラス最高のシステム性能を提供するために、湿度計に温度コンビネーションセンサーを組み込むことで、より速い応答時間を実現するための研究費を増やしています。

高品質の温度センサーを搭載した湿度計が有用な湿度変数を提供

湿度計は、石油・ガス産業、食品・飲料産業、製薬産業などの様々なアプリケーションにおける環境モニタリング用として注目されています。温度計測機器を提供するVaisala社は、ライフサイエンスなどの分野で認知度が高まっている湿度センサー「HUMICAP」のマーケティング活動を強化しています。

湿度計市場のメーカーは、気象観測気球が急速に変化する大気の状態に対応するためのデバイスを革新しています。湿度計には、高い安定性と速い応答時間が強く求められます。湿度計市場の企業は、気象予報の科学者の能力を向上させるシステムを開発しています。高品質の温度センサーを湿度計に組み込み、露点、エンタルピー、絶対湿度など、湿度に基づく有用な変数を提供しています。

灌漑の変化に対応して植物の最適な成長を実現する土壌水分センサー

湿度計市場のメーカーは、自動車や工業用途以外にも、農業分野で土壌水分を測定する機会を増やしています。これにより、土壌水分センサーの技術革新が進み、衛星ソフトウェア技術の普及により、使いやすいアプリケーションが生まれています。

土壌水分センサーは精密農業において重要な役割を果たしています。これらのセンサーを灌漑システムに組み込むことで、水の供給と分配を効率的にスケジューリングできるようになります。このようなトレンドが湿度計市場の成長を後押ししており、評価期間中のCAGRは6%程度と予測されています。また、土壌水分センサーは、灌漑の削減や強化に役立つ機能を備えているため、植物の最適な生育に役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]